還俗

956 の例文 (0.01 秒)
  • あんたも、その年で還俗となると、あまり見ばヽヽのいいもんじゃなかろう。 ...
  • なぜ還俗して浄瑠璃作者になったのか、その経緯についても不明である。 ...
  • 僧はいつでも還俗することができ、その意思が妨げられることはない。 ...
  • 何があったか知らないが、そろそろ還俗げんぞくしてもよいのではないか。 ...
  • また僧尼令によれば出家も可能で、還俗後は本色に戻ることが定められた。 ...
  • もとは鹿苑寺の住職であったが武芸を好み、還俗して下津俸庵と称した。 ...
  • 渋井さんも、還俗したいまは、上座部仏教の世界では俗人の一人である。 ...
  • 自らの意志で還俗する場合と、教団側から還俗させられる場合がある。 ...
  • 湛慶は因縁の深さに心を打たれ、還俗してその女房と夫婦になったという。 ...
  • 麻谷はその後も絵を描き続け、16歳になると還俗して京都へ上った。 ...
  • 義政の弟、義視が還俗げんぞくして養嗣子ようししに迎えられて、ちょうど一年目である。 ...
  • もとある寺の僧であった男が、還俗げんぞくしてこの後家と一緒に暮らすようになった。 ...
  • なおこの際に強制的に還俗させられており、再度剃髪したのは帰国直前である。 ...
  • しかし、夭折したため還俗し、堯季と改名したうえで9代当主となった。 ...
  • 五男の正頼は初め僧籍にあったが、隆頼の死後還俗してその跡を継いでいる。 ...
  • のち還俗して叔父の権中納言・重尹の養子となり、文章生に補せられる。 ...
  • 氏輝に子が無かったので二十歳の義元を還俗げんぞくさせて家督を譲った。 ...
  • いつの日かかならず還俗げんぞくし、おれは絵描きとして名を成すつもりなんだ。 ...
  • 同時期に唐に滞在していた円仁も同様に還俗させられている。 ...
  • すなわち、還俗して十五代足利将軍義昭よしあきとなったのが、この人物である。 ...
  • だから還俗して、後生ごしょうだから、きちんと姉貴と結婚してやってくれよ。 ...
  • 蕭綸は文章の解釈を好んだため、伏挺は礼遇を受け、このため還俗した。 ...
  • その後、薩摩など九州各地を遍歴し、京都に帰り還俗し中江姓に復した。 ...
  • その結果、天台座主の義円が還俗して義宣と称し、6代将軍に就任した。 ...
  • 元親から何度となく還俗を促されたが応じることはなく、生涯僧として通した。 ...
  • 存命の男子が無かったため、弟の枢機卿が還俗して家督を継いだ。
  • もと坊主だったやつが還俗げんぞくして相撲取りンなったんで捨衣ってんだよ。 ...
  • 家臣になる際には、徳川家康の許しも得た上で、還俗している。 ...
  • 次のページ