遡行軍

17 の例文 (0.00 秒)
  • 遡行軍を統括し、あらゆるリソースをもってサポートさせていただきます。 ...
  • 遡行軍の全知性体が提議権と投票権を持ち、過半数の同意で方針が成立する。 ...
  • その頃、織田信長は時間遡行軍の協力の下、自ら明智光秀を討とうとしていた。 ...
  • 彼らの主である老審神者に力の限界が迫っており、時間遡行軍は本丸襲撃の機会を伺っていた。 ...
  • 遡行軍内での完全な情報環境のおかげで、提議から評決まで一分もかからない。 ...
  • それは、迫りくる時間遡行軍から本丸を守らせるためであった。 ...
  • 無銘は時間遡行軍に操られていた刀剣男士倶利伽羅江だったのだ。 ...
  • 安土城に残った三日月宗近は、独り時間遡行軍と戦っていた。 ...
  • 形勢逆転した刀剣男士たちは時間遡行軍を討ち果たし、正しい歴史を守る任務を完遂した。 ...
  • 戦いの末、時間遡行軍を撃退した刀剣男士たちだったが、本丸に帰還後、織田信長が生き延びていたことが判明する。 ...
  • こうして刀剣男士たちのほとんどが出払った本丸へ、遂に時間遡行軍の手が伸びる。 ...
  • しかし時間遡行軍の一兵無銘は、何故か明智光秀を守り織田信長に刃を向ける。 ...
  • かつて新撰組の土方歳三の愛刀であった刀剣男士、和泉守兼定と堀川国広は、第二部隊として幕末へ送り込まれ時間遡行軍と戦っていた。 ...
  • 織田信長を再び救出すべく出現した時間遡行軍と、安土城へ駆けつけた刀剣男士たちの戦いの最中、織田信長の最期を見届けた三日月宗近が現れ、他の部隊員たちを無理矢理本丸へと帰還させる。 ...
  • 西暦2205年、歴史の改変を目論む歴史修正主義者は、手勢たる時間遡行軍を過去の時代へと送り込み、本能寺の変で死ぬはずの織田信長を救出することで歴史を改変しようとしていた。 ...
  • 時間遡行軍を阻止し、龍馬と新撰組の接触をなんとか回避した第二部隊だったが、土方の姿を見た和泉守は土方への思慕と審神者からの主命との板挟みとなり、堀川は「和泉守兼定の本心」を汲んで土方を箱館戦争で死なせまいと第二部隊から去ってしまう。 ...