進物籠

4 の例文 (0.00 秒)
  • その朝、おばさんは外出着よそゆきに着かえて、おめかしも念入りに、何か進物籠しんもつかごのような物を若いのに持たせて一ト足さきに城内へ立って行く。 ...
  • もちろん彼がここまで乗って来た“神行法”の神馬、都へとどける金銀の進物籠も、あわせて鄭重ていちように船へ積まれる。 ...
  • 「戴宗、そちの神行法にものをいわせて、至急、都へ使いに行ってもらいたい」 こう前提して、蔡九は、二つの見事な進物籠しんもつかごと、秘封の一書を、そこにおいた。 ...
  • 足ごしらえは八ツのわらじ、膝ぶしに咒符おまもりいつけ、仏神の像を鞍皮くらかわいた馬に乗り、進物籠を載せて、即日、江州を立って行った。 ...