進捗ぶり

19 の例文 (0.00 秒)
  • 実際には、彼はその時点ですでに、秘密交渉の進捗ぶりについて的確な情報を得ていた。 ...
  • その仕事の進捗ぶりを、言いようのない渇望をもって見守っています。 ...
  • そうなれば、敵の反攻は、とても今までのような進捗ぶりは続けられるものではない。 ...
  • 時々彼は他のメンバーたちに、自分が手がけているタイム・マシンの研究の進ちょくぶりを話した。 ...
  • ドアから部屋の内部に落ちてくる木片が、門を打ち破ろうとする敵の進捗しんちょくぶりを告げている。 ...
  • きみのほうの仕事の進捗ぶりは? ...
  • それによれば、東京の地質の良さはおどろくべきもので、工事の進捗しんちよくぶりにも瞠目どうもくすべきものがある。 ...
  • だが、こうした難問がまだ残っているにせよ、ラ・トゥーシェは、自分の仕事の進捗しんちょくぶりに満足だった。 ...
  • 君のほうの進捗ぶりは? ...
  • もしも私が、ひとりだとしたら、あいつはときどき、私の前にあのぞっとするような姿でおしかけて来て、仕事のことを憶い出させたり、その進捗ぶりを眺めたりするかもしれないではないか。 ...
  • 徴兵事務は完全に運転していたが、進捗しんちょくぶりはのろくて、アルファべット順に進められたのであったから、名前があとのほうの文字で始まる者は、長いあいだ待つ覚悟をしなければならなかった。 ...
  • 申してみりゃあ昔っから普請の進捗しんちよくぶりが一目でお分りなさるお方でござんす。
  • なかには訪ねていった先がマンションの仕事部屋であり、そこから改めて自宅へ廻わって指輪の存在とナンバーを確認するという二重の手間がかかることもないではなかったけれど、概して速戦即決といった進捗ぶりをみせていた。 ...
  • で、それはそれで済んだのですが、そのついでにちょっと、白羊の襖の絵の進捗しんちよくぶりが見たくなって、親父は傍の障子をあけてのぞきこんだ。 ...
  • 作業は主として手さぐりでやっていたが、それはさっき雲がむくむくと現われて月を隠してしまったからだし、工事の進みかたは相変わらず遅かったにせよ、明りとり窓の上側と下側が少しずつ拡げられていき、その進捗しんちょくぶりが感じられてつい張りあいがでたからでもあった。 ...
  • 森のなかをうろついたり、洞穴に身をひそめたり、広い殺風景な荒蕪地に避難したりして、いま私の進捗ぶりに気をつけ、約束を果してくれと言いに来たのだ。 ...
  • 小男はときどきローレックスに目をやって、作業の進捗しんちょくぶりをチェックし、大男は無駄むだな動きをすることなく、ひとつひとつしらみつぶしに部屋を叩き壊していった。 ...