逆瀬川

全て 名詞
40 の例文 (0.00 秒)
  • 逆瀬川の水を使った水車業が他村に先駆けて起こり、第二次大戦中火災で焼失するまで、200年にわたり所有者を変えながら、油絞りや飯米や酒造米の米搗きなどに使用され、周辺の村が水車を新設する際には伊孑志の水車に支障をきたさない事が許可の条件の一つとなる程力を持った。 ...
  • 関西での公認競馬は、戦前には京都競馬場と鳴尾競馬場の2カ所で行われていたが、このうち鳴尾は大東亜戦争中に軍の飛行場にされた上に空襲の被害を受け、戦後になっても占領軍に接収されたままで使えなくなり、移転予定だった逆瀬川でも占領軍の用地接収に遭って完成のメドが立たなくなった。 ...
  • 駅北側を東流する逆瀬川の河岸に沿って両岸に豪壮な邸宅建築が建ち並んでおり、阪神間の高級住宅地の一角を占めている。 ...
  • なお一般的には、会津美里町「逆瀬川 - 松坂 - 柳津町軽井沢」のルートが知られているため、幕末から明治の初めに、ルートが改められたことが考えられる。 ...
  • 阪急逆瀬川・阪急中山・JR中山寺の各駅を起点に、市内各地を巡回する路線。 ...
  • 日本海軍と日本競馬会では、移転候補地を検討の結果、武庫郡良元村の逆瀬川付近が最適と判断し、宝塚ゴルフ倶楽部や付近の土地所有者との交渉を行い、1944年には競馬場用地の買収を完了、ただちに移転工事を開始した。 ...
  • 藩政においても水害の対策に追われており、財政は厳しかったが、寛永7年4月より五木村逆瀬川赤岩谷の銅山の採掘を開始した。 ...
  • そして、巡錫中の弘法大師が、逆瀬川の毎年の洪水で苦しんでいる住民を救おうと七日に渡り秘法護摩供を厳修したところこの川が逆流をし水難を救い、川辺に伽藍を造ったと伝わる。 ...
  • 現在は仁川、逆瀬川、雲雀丘などの閑静な高級住宅街を有する阪神間の住宅都市である。 ...
  • オープンクラス昇級後は重賞、オープン特別で勝ちきれず放牧に出され、一旦1500万下クラスに降級し1994年12月の逆瀬川ステークスを勝って、オープンクラスに再昇級する。
  • そしてまた、尊氏のえいは、さきの宝満寺を引きはらって、はやくも、逆瀬川の川尻のひがし、魚見堂へ、その本営を移したということでもある。 ...
  • 逆瀬川は、武庫川水系の支流で兵庫県宝塚市中部を流れる二級河川。 ...
  • この入館料の寄付を受けた市により、同年9月、勤労福祉会館内の逆瀬川公民館分室に図書室「聖光文庫」が設置された。
  • 甲東園・仁川駅前から武庫川沿いの県道114号西宮宝塚線を経由し、阪急逆瀬川またはJR甲子園口駅との間を結ぶ路線である。 ...
  • 放牧休養後、陣営は距離適性から残る一冠である菊花賞には向かわず中距離の自己条件戦に出走、順調に勝ち進んだ本馬は12月の逆瀬川ステークスを1番人気に応え優勝、オープンクラスに昇格した。 ...
  • 東部の一部を除いたほぼ全域が神戸市に、芦屋川流域周辺が芦屋市に、夙川・仁川流域周辺および太多田川・名塩川・船坂川流域周辺が西宮市に、逆瀬川流域周辺が宝塚市に属している。 ...
  • 宝塚逆瀬川方面・西宮盤滝・社家郷山方面・芦有道路方面から、あるいは神戸・明石方面から六甲山上道路を通り、六甲山スノーパークを目指す。 ...
  • 次へ