迷惑千万

全て 名詞
113 の例文 (0.01 秒)
  • それでなくても通行の邪魔になるキックボードでまつわりつかれては迷惑千万。 ...
  • 戦うは武士の務め、勝敗は時の運とは申せ、戦わずに勝手に兵を引くとは迷惑千万。 ...
  • 地元にとっては、学者先生たちが騒ぎ立てたことだって、いまとなってみると迷惑千万だったにちがいない。 ...
  • かかる結構な法律のもとで租税を納めるわれわれこそ実に迷惑千万な話であります。 ...
  • 患者にとっては、それなりに役立つだろうけど、病院側としては、迷惑千万な話。 ...
  • まことに迷惑千万なことなのであった。 ...
  • すがすがしい裸で暮らしている者にとって、衣服のような厄介なものは迷惑千万だったかもしれない。 ...
  • このような話をむりに聞かされるのは迷惑千万である。 ...
  • 義貞としては全く迷惑千万なことであった。 ...
  • それが今では目の色を変え、あるものは迷惑千万、あるものはいまいましげにあの男の命運を絶とうというのだ。 ...
  • 迷惑千万と、二人は多報新聞社へ向かったのだ。 ...
  • 今から思えば、自分で勝手に頭のなかで二人の仲を作り上げていただけなのだから、その男の子にしてみれば、迷惑千万な話なのだが、彼に知られなければ、実害はない。 ...
  • これは附近の村をいずれも旅客の通る道筋にしたいというので、こんな道の付けようをしたのであるが、旅客においては実に迷惑千万な話である。 ...
  • ましてや胖子のようなものと性に関することで利害が一致していると思われるのは心外であり、迷惑千万だった。 ...
  • そうなったら、迷惑千万で、しかも不幸なことだろう。
  • 歌劇を作曲するように依頼されるなら、迷惑千万です。 ...
  • 忍び足で入ってきたらしいのだが、たちまち周囲の視線をあつめてしまい、Kには迷惑千万だった。 ...
  • 次へ