迷惑千万な話

14 の例文 (0.00 秒)
  • とにかく、われわれ東郷湖で生活する者にとっては、迷惑千万な話だ。 ...
  • それにしてもお宅にとっては迷惑千万な話だね。 ...
  • 患者にとっては、それなりに役立つだろうけど、病院側としては、迷惑千万な話。 ...
  • 今から思えば、自分で勝手に頭のなかで二人の仲を作り上げていただけなのだから、その男の子にしてみれば、迷惑千万な話なのだが、彼に知られなければ、実害はない。 ...
  • そこに住む住民にとっては迷惑千万な話だろうが、住域によっては、自分の家を一軒建てる時ですら、必ず市役所の文化課に申請をしなければならないらしい。 ...
  • これも甚だもつて迷惑千万な話である。 ...
  • だが咄嗟の場合、私は彼を独りで放り出す訳にも行かないので、迷惑千万な話であるが、やっぱり一緒に附いて行くより仕方がなかった。
  • 義勇兵の中には塹壕の中で排便するくせのある者もいたが、暗やみの中で塹壕を歩きまわらなければならないのだから、まったく迷惑千万な話だった。 ...
  • 百姓には迷惑千万な話だが、敵の気を奪うためもある、相手がゲリラ戦にけている滝川だから、その用心のためもある。 ...
  • 長岡藩としては迷惑千万な話だが、西軍にあたえる効果については、なんとも防ぎようの手段がない。 ...
  • だが、この幸運の手紙などは、当時これをうけとったひとびとにとっては、迷惑千万な話だったろうけれど、これからお話しする黒い翼の流行からくらべると、罪の軽いほうだといわねばならぬ。 ...
  • 迷惑千万な話である。 ...
  • 「作家の死後、ひきだしから日記や手紙が出てくるなんて、迷惑千万な話ですな」 「しかし断簡零墨だんかんれいぼくといえども、その人物の人柄がうかがえるもので、文学研究のよすがにはなるのではないかね」 小谷が反問すると、井上はもっと強く首を振っていったものだ。 ...