述懐歌

9 の例文 (0.00 秒)
  • 此歌は、鹿・蟹の述懐歌らしいものになつて居るが、元は農業の、害物駆除の呪言ジユゴンから出て居る。 ...
  • さうして其外そのほか数百すうひやく述懐歌じゆつくわいかんだ。
  • かくおのおの玉泉たまいづみかたはらちて述懐歌じゆつくわいかうたをはり、静々しづしづおくまりたる御殿みとのらせたまひぬ。
  • 元は、鹿や蟹に誓はす形であつた呪言が、早く芸能化して、鹿・蟹の述懐歌らしい物に変化して行つたのである。 ...
  • かくたがひ述懐歌じゆつくわいかをうたひつつ、久美戸くみどにおこして、みぎひだり神業みわざおこなたまひ、そのやすねましぬ。
  • 閑寂な境界を現出した冬歌や、内省的な述懐歌に秀歌が多く、恋歌にさえ孤独な哀感が漂う。 ...
  • かくのごとく、神々かみがみ大宮居おほみやまへ比女神ひめがみ無事ぶじいのりつつ各自述懐歌おのもおのもじゆつくわいかをうたひて、しづかにさだめの居間ゐまかせたまひける。
  • 述懐歌じゆつくわいかをうたひ、しとやかにをさめたれば、竹野姫たけのひめまたもやつて、長袖ちやうしうゆたかにうたふ。