述懐するところ

6 の例文 (0.00 秒)
  • と普通の男ならこう述懐するところであろう。 ...
  • 作品「よだかの星」の「よだか」がこう述懐するところがある。 ...
  • 本人が述懐するところによると花籠部屋時代は稽古も然ることながらちゃんこ番や雑用、付き人など部屋の仕事に特に真剣だったといい、若い衆としての仕事は花籠部屋時代の内にほぼ完璧にこなせるようになったと自らについて胸を張って証言している。 ...
  • 「戦いが終わると、彼は、自分が戦いを嫌っていたことを思いだして、やや不機嫌になる」 とは、ユリアン・ミンツの述懐するところだが、彼はことさら皮肉な観察をおこなったわけではなく、むしろその怠惰ぶりを弁護してすらいるのである。 ...
  • 父が時折半ば冗談めかして述懐するところによれば、吉田家は富山県の本籍地に移る前は、京都の公卿くげの家柄であり、さらにさかのぼれば何代目かの天皇家から臣籍降下して作られた名門であるという。 ...