述懐

2,783 の例文 (0.02 秒)
  • こうした経験が自身の人間形成に大きな影響を与えたと述懐している。
  • 移転当初は規模が大きくなった分利益を出すのが大変だったと述懐している。 ...
  • その時に話作りのスイッチが入ったのかもしれないと述懐している。 ...
  • 心に皮肉も欲してゐたが、述懐は彼の偽らぬ素直な心のひとつであつた。 ...
  • 富野自身も両親に対して憎悪のような感情を抱いていたと述懐している。 ...
  • ジョルジュ・バタイユとの出会いが岡本の一生を変えたと述懐している。
  • しかし彼は結局色の持つ真の性質を理解することはできなかったと述懐している。 ...
  • と当て推量しているが当時の心境を全く覚えていないと述懐している。 ...
  • そのことを、後年になっても周囲の人物に事あるごとに述懐していたという。 ...
  • 本人は移住当初アメリカでの生活になかなか馴染めなかったと述懐している。 ...
  • 後に述懐したところによると、「腕が死んでいく」のを感じたという。 ...
  • 例えば次の詩は赦免されて23年振りに江戸へ帰ってきたときの述懐である。 ...
  • 槇原は番組のファンで「この曲が使用されたことに感謝している」と述懐。 ...
  • 近藤は「まるで集団催眠にかかったような光景だった」と述懐している。 ...
  • しかし、実際はその時は腰が抜けていただけだったという本人の述懐がある。 ...
  • 荒川は、慣れてきて新鮮さを忘れていたかもしれないと述懐している。 ...
  • この頃の経験が、その後の研究のスタンスに大きく影響したと述懐している。 ...
  • 軍人にならなかったら故郷で国語か歴史の教師になっていただろうと述懐している。 ...
  • 彼はこのギターを後に手放しているが、持っているべきだったと述懐している。 ...
  • 一方で、セットが広すぎたため壊しきれなかったとも述懐している。 ...
  • 宝田自身も岡本にはついていくことができなかったと述懐している。 ...
  • 押見はこのような漫画をよく載せてもらえたものだと述懐している。 ...
  • プロの芸人としての心構えを試していたのだろうと圓楽は述懐している。 ...
  • その事が後に歌謡曲路線で売り出される結果となってしまったと述懐している。 ...
  • 麻生は、スタッフがとても気を使ってくれたことに感激したと述懐している。 ...
  • 「今思えば、あのとき飛び出して正解だったんですかね」と述懐している。 ...
  • 学校生活の中では同級生と格闘の日々だったと、彼はのちに述懐している。 ...
  • 追分三五郎役の小泉博も未完に終わったことが残念であったと述懐している。
  • 次のページ

述懐の使われ方