述懐

全て 名詞
2,402 の例文 (0.00 秒)
  • 富野自身も両親に対して憎悪のような感情を抱いていたと述懐している。 ...
  • こうした経験が自身の人間形成に大きな影響を与えたと述懐している。
  • それから三日間の俺の心境を述懐じゅっかいするのはあまり気の進む作業ではない。 ...
  • 心に皮肉も欲してゐたが、述懐は彼の偽らぬ素直な心のひとつであつた。 ...
  • 本人はその頃アメリカでの生活になかなか馴染めなかったと述懐している。 ...
  • 当の若乃花は「最後の投げは心を鬼にして決めた」と後に述懐している。 ...
  • ジョルジュ・バタイユとの出会いが岡本の一生を変えたと述懐している。 ...
  • 後にナヴラティルはタイタニック号について以下のように述懐している。 ...
  • しかし彼は結局色の持つ真の性質を理解することはできなかったと述懐している。 ...
  • と当て推量しているが当時の心境を全く覚えていないと述懐している。 ...
  • 述懐がどこで事件に関与リンクして来るか見当がつかぬからであろう。 ...
  • そしてこれほど自分が他者に隷属したことはなかったと述懐するのである。 ...
  • プロの芸人としての心構えを試していたのだろうと圓楽は述懐している。 ...
  • 彼がイタリアの作家デ・アミーチスに述懐したことばがのこっています。 ...
  • 後に述懐したところによると、「腕が死んでいく」のを感じたという。 ...
  • 例えば次の詩は赦免されて23年振りに江戸へ帰ってきたときの述懐である。 ...
  • 近藤は「まるで集団催眠にかかったような光景だった」と述懐している。 ...
  • 次へ