軽業師

全て 名詞
240 の例文 (0.01 秒)
  • 私は小鳥のように自由であり、軽業師かるわざしのように自信に満ちているのである。 ...
  • それは軽業師かるわざしにして始めてよくする処の外のなにものでもない。 ...
  • 日本においては、大道芸が盛んだった江戸時代に多くの軽業師が活躍した。 ...
  • それから何日ものあいだ、新聞はこの軽業師のことばかり書きたてた。 ...
  • 窓枠に足をついたかと思うと、軽業師のように、滑り込むように車内へ。 ...
  • すると軽業師の第二群が出てきて、それらの鼻の上に横たわった。 ...
  • 穴の中にロープをらし、軽業師かるわざしのような優美な動作ですべり降りてゆく。
  • 彼は一般的にはDCユニバース最高の軽業師であると看做されている。 ...
  • 香具師や手品師や軽業師などは、掛小屋の前で大声を張りあげていた。 ...
  • 曲芸の軽業師達なのだが、こうしてみると今の芸人は先輩の大活躍を知らなすぎる。 ...
  • 一番手前にある大きめの場所では、軽業師が興行をうっている様子だ。 ...
  • さすがは軽業師だけにその捷業はやわざは眼にも止まらない程であった。 ...
  • 軽業師は肩をたわめて宙に飛び出し、一回転して地面におりたった。 ...
  • よほど訓練された軽業師ででもないかぎり、こんな姿勢には、いずれ限度がくる。 ...
  • この一座の軽業師たちの至芸にいたっては、ここに述べるまでもない。 ...
  • 「見ての通りの軽業師よ」 と娘が両手を広げ、慇懃に礼をした。 ...
  • ぼくは屋根を貫いて軽業師でも落ちてくるのではないかと心配して、狼狽して立ち上がった。 ...
  • 次へ