軽業小屋

17 の例文 (0.00 秒)
  • 軽業小屋の件は『軽業』とほぼ同じ内容のものが演じられる。 ...
  • お角が軽業小屋を出た時分に、雨が降り出していました。 ...
  • あわてて飛んできた軽業小屋の若い衆に、少し音量を下げるよう頼んでまた講釈読みを再開。
  • それに、これでも、このお初は、軽業小屋にいたおかげで、狙った的ははずさないのさ! ...
  • 従来の広小路の軽業小屋では狭きを感じて、新たに回向院境内へすばらしい小屋を立てたのでもわかります。 ...
  • 白魚お波は、その夜から、東両国の軽業小屋へかえってこない。 ...
  • 中山半七郎殺しの疑いで、両国の軽業小屋から、三輪の万七が曲毬きょくまりの甚三郎を挙げたのは、そのあくる日の昼頃でした。 ...
  • ところが、今では軽業小屋の美人連からでさえも、福兄さんで通っている福村は、お松にかく慇懃いんぎんに福村様と呼びかけられて、多少きまりの悪い形です。 ...
  • 「あらまあ、それじゃお父っつぁんに、この霊獣様の毛を買ってかなきゃ」 お葉がうさぎ馬の絵看板を見上げてくすくす笑い、少し離れた軽業小屋の前へ下駄を鳴らす。 ...
  • やたらと『軽業』を連発する講釈師を不思議に思った軽業小屋の若い衆が、さっき講釈小屋に呼ばれて行った仲間を捕まえて話を聞く。
  • 内容は伊達藩のお家騒動に巻き込まれた軽業かるわざ小屋の娘、美空ひばりを助けて平次が大活躍するというもので、これに片手斬りを得意とする忠臣、大河内伝次郎が絡んで物語が進められていく。 ...
  • ある日のこと、表通りは押返されないほど賑やかだが、人通りもない湿っぽい路次のところから、この軽業小屋の楽屋へ首を出した一人の盲法師めくらほうしがありました。 ...
  • 小娘とはいえ、仮にも軽業小屋の太夫である。 ...
  • 両国広小路の軽業小屋である。 ...
  • なお、お玉は、浅草馬道の常磐津の女師匠の許へ、奉公に出し申したが、これは、いつの間にやら、奥山の軽業小屋に入り、たちまち、人気者になったのでござる。 ...
  • 夜店の灯が目のくらむ明るさで広がり、掛け茶屋に髪結床に団子屋に焼きイカ屋、切り西瓜を売る屋台に蕎麦屋に甘酒屋、それらに混じって見世物小屋や軽業小屋が散在し、広小路は昼以上の賑わいを見せている。 ...