軽業一座

4 の例文 (0.00 秒)
  • でたらめな大法螺おおぼらで、この名の連中は、実は軽業かるわざ一座の子分たちであった。 ...
  • 軽業一座の座長、トラングロおやじと呼ばれる男が、曲芸師や競技者たちの旅芸人の一座をひきいて、ガンガップからサン・ブリュークに向けて街道を進んでおりました。 ...
  • 阿久根厳によると、その後さまざまなサーカス団が西洋から来日し、日本でもこの影響を受けて1893年に奥田辨次郎が興行元をつとめる西洋軽業一座が旗揚げして、「二丁撞木飛付乗り」など、西洋式の空中ブランコを見せるようになった。 ...
  • お角の軽業一座に加わる。 ...