軽業お初

8 の例文 (0.00 秒)
  • と、切通しのだらだら坂を、半ば上って来た、つた家のかごに乗っているのは、勿論軽業お初だ。 ...
  • その後どんな話かと思って文庫本で原作を読んだが、泥絵具を塗りたくったような俗悪さで、特に、映画では伏見直江が演じた軽業お初のエロティシズム描写には子供心に辟易へきえきした。 ...
  • 軽業お初が、浪人組を引率して川向うに姿を消したという聴き込みに、検察当局にこそ、その目的が判明しなかったが、闇太郎にはあまりに明らかすぎるほど呑みこめるのだ。 ...
  • 計りに計って、軽業お初が、雪之丞を陥穽おとしあなにあざむき入れたとしたなら、事は重大だ。 ...
  • 洗い髪にして、縞物の裾を長目に、素足を見せて、黒繻子くろじゅすの帯を引ッかけ結びにした、横櫛よこぐしの女、いうまでもなく、軽業お初だ。 ...
  • 水いろちりめんのお高祖頭巾をかぶったままの、軽業かるわざお初が、廊下の薄暗さをしあわせにして、そッと、障子越しに片膝をつくように、耳をすましているとも知らず、夜更けの宿の灯の下に、ひッそりと、昼間は語れぬ秘事を囁き合う、雪之丞とその師匠だ。
  • それが、軽業お初の、とらわれのすがただ。 ...