軽業

全て 名詞
395 の例文 (0.01 秒)
  • この軽業が途中で見とがめられるなどということは想像できなかった。 ...
  • ここに巨人でもなければ、英雄でもない女軽業の親方お角さんがあります。 ...
  • 様々な見世物小屋が立ち並ぶ中、二人が入ったのは軽業興行の高物小屋。 ...
  • それに彼女が属していた例の軽業の一行は、今は行衛ゆくえ不明であった。 ...
  • 女軽業の親方お角さんは、今では伊太夫第一のお気に入りになっている。 ...
  • おそらく又軽業患者となって訓練や授業を休まなければならない。 ...
  • 自分がそんな危険な軽業に知らず知らずのめりこんでいたなんて。 ...
  • だが、なぜ、ぼくはそんな深夜の軽業の場面なんか思いうかべたのだろう? ...
  • きっと、西も東もわからないころに軽業に売られたのにちがいない。 ...
  • 元は単純なものでありましたが、それぢや見物が満足しなくて後に軽業式になりました。 ...
  • お角はその覚悟で、下には軽業の娘の着る刺繍ぬいとり半股引はんももひきを着けていた。 ...
  • 妙なもので子供の時に見た軽業かるわざがよい所で役に立ったものだと大いに愉快を感じたです。 ...
  • 僕自身を離れたところに何事かを成就しうると考える軽業のような仕事はできない。 ...
  • 二人はラグーンの館で軽業のショーを見せることになったのだ。 ...
  • 晩年にサークルKと共通化されていた決済方法や会員制度についてはカルワザを参照。 ...
  • 野球を軽業にしてしまうのが嫌いなのである。 ...
  • なるほど、先ほどのような軽業かるわざを行うのなら、刀は腰に差していないほうが都合がいい。 ...
  • 次へ