軽い発作

21 の例文 (0.00 秒)
  • 医師は、「軽い発作だから、二、三日静養したらいいでしょう」と言った。 ...
  • ジョナサンは持病の軽い発作で、まだ青い顔をして眩暈めまいがしている。 ...
  • そう、水をすこし飲むといいですよ、軽い発作ですからね!
  • おかげでこのごろはよく軽い発作を起こす。
  • 千歳に居た頃は年に一、二回軽い発作がある程度、こんなにひどいことはなかった。 ...
  • あるいは、目が疲れ、注意が減退したのか、老人にありがちな衰弱の軽い発作だったのかもしれない。 ...
  • だが、何事にも用意のいい人だったさだ子が、二年ほど前、三度日の軽い発作を起こして半月の入院生活を送り、そこから戻ってきたときに話してくれたことが、大きな助けとなってくれたのだった。 ...
  • 気道が狭くなっている時はピークフロー値が低くなり、自覚症状のないような軽い発作も発見できる。 ...
  • 初め、軽い発作と思われたが、容態は時々刻々悪化した。 ...
  • しかし狭心症は全く治癒した訳ではなく、その後も時々軽い発作があり、今になっても折々ニトログリセリンの厄介になっている。 ...
  • トラスティーとして、彼は、刑務所の鳥類の群れの世話をしながら、晩年の大部分を刑務所の塀の外の小さな家に住んだが、前の年に軽い発作に襲われたのち連れ戻された。 ...
  • 吉之助は五月にも不調を訴え、軽い発作を起しているが、寝込むには至らなかった。 ...
  • ポールはときどき夢遊病の軽い発作を起こした。 ...
  • この前、やはり年老いたエンジンが息切れして、軽い発作を起した時は、どしゃ降りの中で、油まみれになって格闘しなくてはならなかったのだ。 ...
  • 実在のドレフュス事件の話題もここで初めて登場し、ヴィルパリジ侯爵夫人邸でのマチネのシーンのあと、語り手の祖母がシャンゼリゼで軽い発作を起こすところでこの部は終わる。 ...
  • 軽い発作ですからね。
  • 直接の治療行為には該当しないが、ピークフローメーターにより日頃のピークフロー値の記録をしておくことで自覚症状のない軽い発作を発見できたり、発作がおきやすい時期、時間帯等を把握しやすくなるため、喘息の管理に有効である。 ...
  • 次へ