軽い悪寒

7 の例文 (0.00 秒)
  • その上に記された文字を読んだ途端、アスナの背中を軽い悪寒が走った。 ...
  • 軽い悪寒おかんが去らなかった、しかしこれもむしろこころよい感じだった。 ...
  • 主翁は軽い悪寒おかんを感じながらおずおずした眼をそれに向けた。 ...
  • 軽い悪寒がまだ残ってはいたが、これもほとんど快感に近かった。 ...
  • 順子は数日来の風邪が抜けず、その日は軽い悪寒を覚えたので、進を送り出してから寝室に閉じこもっていたのである。 ...
  • 軽い悪寒が首筋を圧迫し、口が乾く。 ...