軌道敷設

132 の例文 (0.00 秒)
  • 道路拡張に続く軌道敷設工事は会社の担当であり、まず第1期線として以下の区間の建設が決まった。 ...
  • 一般的な目的のクレーンは信号設備や分岐器の設置などに用いられ、さらに特殊なタイプのものが軌道敷設に用いられる。 ...
  • モノレール建設当時は京浜急行電鉄による所有・運営がなされており、軌道敷設にあたってはこの形態が有利に働いたようである。 ...
  • そのため、これと並行する軌道敷設特許を確保するのには、様々な障害を乗り越える必要があった。 ...
  • 開業から間もない1897年9月、山田から二見へ至る電気軌道敷設の許可を得た。 ...
  • 軌道敷設の特許を取得したのに伴い会社が成立したが、実際には福岡から久留米までの全区間にわたる特許は国鉄線と並行しており不要であるとして許可されていなかった。 ...
  • 湿地や泥濘地の多い未開拓地域では大規模な土木工事を必要とする道路建設よりも軌道敷設の方が容易であり、自動車交通の普及以前でもあることから普及した手法であった。 ...
  • その翌年、帯広市に本社を構える北海道製糖が小清水市街への軌道敷設を発表する。 ...
  • この保存用の車庫は、構内の配置上から軌道敷設が出来ない遊休地があったことから これを活用することになり、1億円の予算で新設された。 ...
  • そして1928年3月31日に、計20路線について軌道敷設の特許を取得した。 ...
  • 計画が遅れた理由としては内務省の軌道敷設基準が厳しくなって従来より広い道路幅員が必要になり、その分用地買収にかかる費用が増大したことが挙げられる。
  • 当初の認可では、翌1922年5月いっぱいで軌道敷設工事を終わらせることになっていた。 ...
  • 一方の鉄道線とは別に開発地区と市街地の間の交通確保の必要から軌道線を敷設し九州電気軌道と連絡することにして1922年に軌道敷設特許状が下付された。 ...
  • さらに保有していた軌道敷設特許権について運輸省から再開の意思が無ければ整理するよう勧められたので1957年4月に廃止手続きが完了した。 ...
  • 高岳線はこの時期に建設された路線の一つであり、前年11月15日付で東新町から大曽根までの軌道敷設特許が会社に下りた。 ...
  • 会社が電力事業を行っていた時代には、郊外線で軌道敷設とともに家庭用の電線を架設して配電事業を開始した地域もあり、さまざまな形で大連市の発展に貢献した。 ...
  • 線路敷が個人の所有地内を通っていたことなどもあり、軌道敷設特許が1936年12月5日に取り消しとなった。 ...
  • 次へ