路線敷設

44 の例文 (0.00 秒)
  • 同年測量を開始し、1926年5月6日に路線敷設の特許を下付された。 ...
  • この路線は現存しないが、現在4つの鉄鉱石輸送路線が存在し、加えて新たな路線敷設も計画されている。
  • 戦前は阪和電気鉄道や水間鉄道が、この駅までの路線敷設計画を持っていたが、いずれも開業しなかった。 ...
  • 当駅以外の首都圏の駅のほとんどでは、地上を走る郊外路線はJRに並行してホームを構えているが、当駅は前述した地形構造から、接続する各路線が安定した地形で路線敷設および当駅の接続を行うことが困難であり、多くの路線がJRと立体交差するように接続している。 ...
  • 電車宮島駅から山口県岩国市への路線敷設申請も行われたが免許取得はできなかった。 ...
  • 明治36年東武鉄道伊勢崎線の路線敷設のため、前方部西側の一部が切り取られた。 ...
  • また当駅から神戸製鋼所加古川事業所まで専用線を2路線敷設する計画もあったが、実現しなかった。 ...
  • 路線は複線で路線敷設予定地の右手にある沼地の湿地が埋め立てられその上にバラストが敷かれた。 ...
  • また、路線敷設目的の一つであった五泉 - 加茂間の連絡用途については期待されたほどの需要がなかったことから、運行系統は村松を境に事実上分断された。 ...
  • しかし、この計画は資金難で延期され、さらに1941年にニューヨーク市が破産したから路線敷設権を買収して地下鉄化したことで放棄された。 ...
  • さらに、本通りまで軌道路線敷設の特許申請を行っていた。 ...
  • 路線敷設の経緯から線形は比較的良く、とりわけ上新庄駅 - 桂駅間には運転上考慮すべきカーブはあまりみられない。 ...
  • 始め城南軌道として創始され、紆余曲折の後、自社とほぼ同じ路線敷設計画を持っていた仙南軌道を買収。 ...
  • 演習線は規定の線路延長を確保することと、様々な状況での路線敷設演習のために急曲線が多数介在する屈曲線形で、旅客線開業時に可能な限り直線化を図るも現在なお良好な線形でない。 ...
  • この軌間のケーブルカーも数路線敷設された。 ...
  • もっとも、川桁と沼尻の間の一部集落では路線建設に伴う用地買収に対して強い抵抗があり、結果途中3か所で公道上への路線敷設を強いられ、当初は軌道法に基づく軌道として建設されている。 ...
  • 大阪と神戸の間を結ぶ鉄道路線は他にJR神戸線と阪急神戸本線とがあるが、本路線はこの中では最も海寄りを通り、また路線敷設の経緯から線形は良くないため、阪神間の3路線の中では最も速達性に劣る。 ...
  • 次へ