路普請

9 の例文 (0.00 秒)
  • 開墾場の人々は、事務所の前から原始林を過ぎて村里へ通ずる路の、路普請みちぶしんだった。 ...
  • 路普請みちぶしんをして居る土方に聞くと、此路このみち真直まつすぐけ。 ...
  • 對岸の麓では、土工たちが、この湖を一周する路普請にかかつてゐる。 ...
  • 「道、分ってるの」 「ええ」 夏の準備に、あっちこっちで路普請や建て増しをしている。 ...
  • 観音堂後の銘酒屋楊弓店悉く取払ひとなり、その跡は目下路普請最中にて以前の面影全くなし。 ...
  • 震災以後、路普請なども何分手廻り兼ねるのであろうが、雨が降ったが最後、そこらは見渡す限り一面の泥濘ぬかるみで、ほとんど足の踏みどころもないと云ってよい。 ...
  • 震災以後、路普請なども何分手廻り兼ねるのであろうが、雨が降ったが最後、そこらは見渡す限り一面のぬかるみで、ほとんど足の蹈みどころもないといってよい。 ...
  • 中日は村の路普請みちぶしん ...