足を洗う

全て 名詞
236 の例文 (0.01 秒)
  • おぬしはその仕事から足を洗うために抜けたのではなかったか。 ...
  • それに、どっちみち、わしはこの仕事からすぐに足を洗うつもりなんだよ。 ...
  • 本来の目的を達成したことで、俺は晴れてヤクザから足を洗うことになった。 ...
  • ようようのことで土手の下まで帰って来はしたものの、足を洗う場所がない。 ...
  • 富樫の収入が安定していたから、靖子は水商売から足を洗うことができた。 ...
  • こうして君子は十年という長い間の旅芸人から足を洗うことができた。 ...
  • トウイの出現によって、ホストの足を洗う時期が早まったような気がする。 ...
  • 良子のためにも、近いうちいまの仕事から足を洗う必要がある。 ...
  • 下水道で一度も転ばなかったので、顔と手足を洗うとくさみはすっかり消えた。 ...
  • なぜ足を洗う気になったのかは理由わけがある。 ...
  • だがその前にとにかく、手足を洗う水がほしいもんだな。
  • 別のキャッチは、足を洗うというハンドルの切り方をせせら笑うのである。 ...
  • そろそろ真剣に、諜報の世界から足を洗うことを達也は勧めたくなってきた。 ...
  • 「これでいいだろ」 ハリーは、詐欺商売から足を洗う決心を固めたのだ。 ...
  • この裁判のお陰で自分が一人では何も出来ないことが分かったから、芸能界から足を洗うことにした。
  • どうせお前ェは足を洗うつもりなら、ひと思いにそうして貰うか、ん? ...
  • また、キリスト教において足を洗うという行為は、謙遜と身近な死の象徴でもある。 ...
  • 次へ