赤穂浪士四十七士

15 の例文 (0.00 秒)
  • 赤穂藩藩主浅野家の祈願所であり、赤穂浪士四十七士の墓と石像がある。 ...
  • 主君の遺恨を晴らすべく命をかけて吉良邸に討ち入った赤穂浪士四十七士の行動は民衆から喝采を持って迎えられた。 ...
  • 赤穂浪士四十七士の一人である大石信清の兄にあたる。 ...
  • 赤穂浪士四十七士との婚姻関係では、不破正種の母が長沢の父の娘、また原元辰の妻は彼の娘である。 ...
  • 赤穂浪士四十七士のうち馬廻だった者は堀部武庸ら15名で、全員が200石から100石取りである。 ...
  • 赤穂浪士四十七士のうち、唯一人を斬った経験のある男といわれ、その名を日本中に知られた剣豪・堀部安兵衛に木村拓哉が挑戦したテレビドラマスペシャル。 ...
  • 赤穂浪士四十七士の大石信清とは従兄弟の関係である。 ...
  • 赤穂浪士四十七士の一人・吉田兼亮の娘婿にあたる。 ...
  • 溝口盛政の六女は中山弥次右衛門に嫁ぎ、その間に赤穂浪士四十七士の一人堀部安兵衛武庸を産んだ。 ...
  • 赤穂浪士四十七士神崎則休の父にあたる人物。 ...
  • 赤穂浪士四十七士の一人。 ...
  • 赤穂浪士四十七士の一人堀部武庸の実父。 ...
  • そして元禄15年12月14日、良雄・武庸ら赤穂浪士四十七士は本所松阪の義央の屋敷へ討ち入った。 ...
  • これは赤穂浪士四十七士をいろは四十七文字になぞらえたことによるもので、享保20年9月の江戸市村座『忠臣いろは軍記』、寛保元年9月の大坂中の芝居『粧武者いろは合戦』などがある。 ...