贖罪金

19 の例文 (0.00 秒)
  • 彼には決闘の趣味があり、彼は誰を殺しても贖罪金を払うことはなかった。 ...
  • ただし黄金七十万両という途方もない贖罪しよくざい金と引き替えにね。 ...
  • 特別な人物の生命には、その社会的地位に応じて一定の価値があると考え、たとえ殺人であったとしても意図に関係はなく、適切な額の贖罪金を支払えば補償が可能であった。 ...
  • フラヴンケルは、自分が誰にも贖罪金を払うことはないと、ソルビョルンに語った。 ...
  • 騒動鎮圧後には倉田をはじめ関係者は処罰されているが、田辺は贖罪金のみで謝罪される。 ...
  • 彼は贖罪金を求めるため、フラヴンケルを訪ねた。 ...
  • 勝訴した者は贖罪金を取り立てることができる。 ...
  • 右は衝突儀仗ぎじょうの条をもって論じ、情を酌量しゃくりょうして五等を減じ、懲役五十日のところ、過誤につき贖罪金しょくざいきん三円七十五銭申し付くる。
  • 十円のかねを握って、ゆうは県庁の聴訴課にかけつけ、贖罪金を支払った。 ...
  • アングロ・サクソン人の法規約では、直接的に報復の代わりに贖罪金を支払うことが認められていた。 ...
  • しかるに、非現行盗にあっては、犯人をして盗品の価額の二倍の贖罪金を被害者に支払わしむるに過ぎないのである。 ...
  • 角蔵、福之助はそれぞれ、懲役二十日、贖罪金しよくざいきん二円五十銭、金太郎は懲役二十五日、贖罪金五円ということであった。 ...
  • 例えば、サリカ法典では、制裁として定額の贖罪金の制度があったが、贖罪金の一部が国王に帰属するものと被害者に帰属するものがあったり、殺人に対する制裁については、加害者が市民である場合には贖罪金の支払いで足りるのに対し、加害者が奴隷である場合は死刑になるという差異が認められた。 ...
  • そのため、困窮のあまり、官林にはいって罪を犯し処刑をこうむるものは明治六、七年以来数えがたく、そのたびに徴せらるる贖罪金しょくざいきんもまた驚くべき額に上った。 ...
  • 私は、論理的抽象観念の超感覚圏から、悪魔に対する贖罪金を支払つて、精神生活上の最下級の安住地であるべき可見世界に渡りをつけて再び矛盾と闘ふべき情熱に欠けてゐた。 ...
  • 「あたしたち、何かが足りなけりゃあ、それなりに、何とかやりくりしてしまうんだねえ」 舞台はやりくりできても、十円の贖罪金は、工面がつかない。 ...
  • 明治9年12月31日に勝訴し、贖罪金を得た。 ...