贖罪意識

22 の例文 (0.00 秒)
  • それへの贖罪意識が本作を制作する大きな動機となった。 ...
  • 橋本の目から見ると、大平には中国に対する一種の贖罪意識があるように思えた。 ...
  • そして、大道寺によれば北海道出身のアイヌへの贖罪意識があったという。 ...
  • 手紙のやり取りの中で国家に対する心情から贖罪意識に変わる様子がうかがえる。 ...
  • また、ヒルティの思想で指摘されることとして、キリストの死によって罪が赦されたという贖罪意識が薄いということ、社会主義や唯物論に否定的であることが挙げられる。 ...
  • しかし、日中戦争では日本が中国に対して敗北したという意識が乏しかったため、劣等感を受けることは少なく、日本人の間には中国人に対する一種の贖罪意識も生まれた。 ...
  • 見城への手紙から4か月後には最初の原稿が完成したが、贖罪意識に乏しい内容であったことから見城はそれを没にして、一から書き直させたという。 ...
  • 第二代理事長藤田照清の「飛鳥文化・奈良の文化の伝来元は韓国である」として生徒に見てほしいという願望と生徒たちに日本統治の贖罪意識を覚えてほしいとの目的で行われていると韓国にて報道されている。 ...
  • また、贖罪意識を植えつけるための指導やカウンセリングには費用がかかる上、手法によってはマインドコントロールだなどという批判も起き得る。 ...
  • その底流には、西ドイツだけが贖罪しよくざい意識を背負わされている、東ドイツには寛大だという不満があるようです。 ...
  • 北朝鮮に対しては、社会主義幻想と贖罪意識に加えて、その『悪い南と対峙している』という面も加わって、目が曇ったんだと思います。 ...
  • 受刑者の処遇においてもっとも問題となるのが、被害者感情への配慮と受刑者の贖罪意識の醸成である。 ...
  • 「僕たちが頭の中でいくら考えても、とうてい彼らの考えている領域までは踏み込めないんだ」 じっさい、奈良のいうアイヌ解放には、先人の犯した罪の贖罪意識があって、それを叫び続けるだけで充分満足に見える。 ...
  • 彼の眠りは、前述に示した自らの贖罪意識から来るものであるため、意思を曲げようとしないヴィンセントは再び眠りにつくも、再びヴィンセントを起こしたクラウドらの発するセフィロスや宝条という人物名に興味を示し、彼らと共に宝条を追うことを選ぶ。 ...
  • 彼の「本土決戦」思想は、根を探れば、特攻機に乗りこんだパイロットへの贖罪しよくざい意識にある。 ...
  • また、新聞やニュース番組などを通じて日本軍の戦時中の非道を繰り返し報道させ、国民の戦意を全く喪失させると共に、国民の贖罪意識を増幅させる厭戦工作を行ったと江藤淳が主張し、これをウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムと称して著書にしている。 ...
  • ユージン・ラポワントは欧米人が植民地主義の贖罪意識から絶滅危惧種のホッキョククジラ捕獲を自国の先住民に認め、他方で日本やノルウェーの捕鯨を認めない理由について、かつて両国は自分たちの意のままにならなかったためであると指摘している。 ...
  • 次へ