贖罪の日

全て 名詞
22 の例文 (0.00 秒)
  • それまでは皇帝に、生きて贖罪しょくざいの日を待ってもらわねばならなかった。 ...
  • 贖罪の日から光の祭りまでの間に神は再創造し、善の記憶が全ての生命へ還った。 ...
  • あるいは、毎年角笛吹きの祭から贖罪の日までの間に全ての生命は死んで、記憶が神へ還った。 ...
  • 死亡はただ贖罪の日と同じである。 ...
  • ペラギアはオリーブ山で修道士として暮らし、禁欲と贖罪の日々を過ごした。 ...
  • この法令は、贖罪の日に全シナゴーグで公に読み上げられた。 ...
  • アザゼルは、『旧約聖書』レビ記第16章の贖罪の日の儀式についての記述のなかで言及される名詞である。 ...
  • 原義としてはヘブライ聖書のレビ記16章において、贖罪の日に人々の苦難や行ってきた罪を負わせて荒野に放した山羊を指した。 ...
  • 真島との死闘後に脱獄の容疑で逮捕され、馬場と共に網走刑務所に再収監されて贖罪の日々を送る。 ...
  • ドイツ人は、よもやユダヤ教の大きな祭り、贖罪しよくざいの日「ヨム・キプル」の前ということはあるまいが、それが終わったらあっという間に統一を完成するだろうと、当時私は思っていた。 ...
  • また、ニュルンベルク裁判での処刑は10月16日に執行されたが、この日はユダヤ教の休日贖罪の日であり、ヤハウェの復讐の日であったとした。
  • また、ニュルンベルク裁判での処刑は10月16日に失効されたが、この日はユダヤ教の休日贖罪の日であり、ヤハウェの復讐の日であったとした。
  • ムハッラム月10日目がイスラム教において宗教的な位置づけを得たのは、預言者ムハンマドがマッカからマディーナに移住した後、ユダヤ教時代から伝わる「贖罪の日」の断食の習慣を適用し、マディーナで創設されたウンマにおける断食潔斎の日と定めたことに端を発している。 ...
  • しかし、王国では反ユダヤ勢力が強くなっていったため、シャルル6世は、ユダヤ教の「贖罪の日」と同じ日の1394年9月17日にフランス王国で最終的なユダヤ追放令を発令した。 ...
  • 判決後はホームヘルパー2級の資格を取得、高齢者介護に従事し贖罪の日々を送り、2002年に芸能活動を再開。 ...
  • 贖罪の日である、ヨム・キプルの儀式は、レビ記15章に規定されており、アザゼルによって要求され、荒野に放たれるスケープゴートの儀式は、贖罪の慣例の一つである。 ...
  • 被告人・勝田は最終意見陳述で「名古屋拘置所内で綴った手記『贖罪の日々』」を提出した上で、被害者や遺族に対する謝罪の言葉を述べた。 ...
  • 次へ