諸社禰宜神主法度

8 の例文 (0.00 秒)
  • また、神道に対しては寛文5年に『諸社禰宜神主法度』が定められている。 ...
  • この法度はほぼ同時に出された神社・神職を対象として出された諸社禰宜神主法度とも関連性が強く、更に両法度とも前年に実施された寛文印知による寺領・社領の安堵と引換に出されたものであった。 ...
  • 寺領・社領の安堵と同時に日本全国の全ての寺院・僧侶を対象とする諸宗寺院法度、全ての神社・神職を対象とする諸社禰宜神主法度を制定して、寺院・神社それぞれに対して一元的な統制を行った。 ...
  • 神職における吉田家の優位は江戸時代になって、寛文5年の諸社禰宜神主法度で確定する。 ...
  • 一時衰退した時期もあったが、江戸期には、徳川幕府が寛文5年に制定した諸社禰宜神主法度で、神道本所として全国の神社・神職をその支配下に置いた。 ...
  • 徳川幕府は、寛文5年に諸社禰宜神主法度を発布し、吉田家の吉田神道の優位性が確立したが、石徹白騒動で争点となった吉田家支配か白川家支配かについての争いは、諸社禰宜神主法度で示されている神祇界の吉田家支配が、必ずしも当時の神道界の中で貫徹していなかった事実が裏づけられる。
  • 寛文5年に諸社禰宜神主法度が発布され吉田家の権威が確立され、寛文8年と同12年に吉川惟足より返し伝授を受け、父祖の遺業の安定と拡充を図り家の基を固めた。 ...