諸法度

18 の例文 (0.00 秒)
  • 藩政においては宝暦2年に新家中諸法度を制定し、兄同様に学問を奨励した。 ...
  • 法度はっとの制定のための研究であり、のちに「禁中ならびに公家諸法度」として知られる法度の下準備である。 ...
  • 寺院諸法度は、江戸時代に、江戸幕府が仏教寺院に対して定めた諸法度の総称である。 ...
  • 駿河国駿府でも家康に仕えて講説を行い、浄土宗諸法度の草案作成にも携わった。 ...
  • 同様に厳しい規制が宗教界にも行なわれ、「諸宗本山本寺諸法度」が発せられた。 ...
  • それは江戸が新開地として、武士や商人を集めるとともに、当然盗賊や売笑婦の集まるのをふせげなかったと同時に、まだ諸法度しよはつとがかたまらず、治安が確立していなかったためである。 ...
  • しかし、聖賢の道や、諸法度はっとに照らし、咎人とがにんを断罪することは、為政者の務めでもある。 ...
  • その後、豊臣秀吉によって慣習法をまとめた『海路諸法度』により海難処理の詳細が制定され、江戸幕府においても慣習法として生き残ることとなる。 ...
  • 豊臣秀吉は海法規定を整理・統一しようという考えから廻船式目の中から取捨選択、補足・削除をした『海路諸法度』を制定したものと考えられるが、廻船式目から大きな変更は見られず、領土領海への侵犯や国家間の衝突時の拿捕に関する記載はない。
  • ここに700年の武家政治の諸法度は終焉した。 ...
  • 同年4月28日に輝元と秀就は就郷と木原就重に対し、上洛する兵については誰の組の者であっても自らの配下と同様に諸法度を申し付け、違背した者は法度に従って処罰する事と、就郷と木原就重に付けた鉄砲衆のうち5人ずつは時に応じて触れ使いのために普請役を免除すべき事を命じている。 ...
  • その男性恐怖症克服プログラムを支援しえんするべく二ノ宮家内で整備せいびした法を『月村真由の男性恐怖症克服を目的とした特別措置そちに関する諸法度しょはっと』と呼ぶ。 ...
  • 豊臣秀吉や徳川家康の顧問・外交僧的役割を務め、特に諸法度や外交文書の起草、学問奨励策や寺社行政の立案や、法要などの仏事の運営に重要な役割を果たした。 ...
  • そこで翌元禄4年6月25日に藩主として初めて徳山に入部した元次は、藩政改革として衣類定や家中諸法度といった法制を整備するとともに、藩主の実権強化に乗り出した。 ...
  • 公家中法度、五山十刹諸山諸法度から始まって、駄賃のこと、夜番のことにまで及んでいる。 ...
  • 明暦3年に弘前藩の頭役以上へ「津軽家家訓」を配布し、寛文元年には諸家臣・領民に対し「諸法度」を制定した。 ...
  • 親綱は古くからの重臣・谷右京や大屋勘解由左衛門よりも、実家である佐野氏からの後見役の荒井主税之助・茂木右馬之丞・山越出羽守・津布久刑部の四人に仕置を任せ、これまでの桐生氏の諸法度を廃止し、新法を行って暴政を領内に敷いたので、将士民心は離反した。 ...