誠意を披瀝

9 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は熱心に自分の誠意を披瀝ひれきし、二人の間柄は一層親密になるだろう。 ...
  • 酒井校長はこの大会において率直に学校側の過失を認め誠意を披瀝したこともあって排斥運動は沈静化へと向かった。 ...
  • ちなみに中国では、割腹自殺は、日本と違い、むしろ武人でない者が自分の誠意を披瀝するための自決法であった。 ...
  • 小学校を出たばかりの少年や少女たちは、この一二年の間に夥しい数でひろく荒い生産の場面に身と心とをさらしはじめているのだが、日本の明日の文学はこれらの稚く若々しい肉体と精神の成長のためのたたかいとその悲喜とを、どのように愛惜し誠意を披瀝しておのれの文学のうちに描き出してゆくのだろうか。 ...
  • 彼女の才気も魂の潔白さも知っていたし、私を同情に値するとしか認めない寛大さにも敬服していたので、少なくとも誠心誠意を披瀝ひれきして、彼女の敬意に値する男であることをしめさなければならなかった。 ...
  • この不可解な楽器は、十日に余る涙ぐましいタヌの努力によって成ったもので、この八人の無政府主義者も、この遊戯に関する限り、ひたすら恭順の意を表し、誠意を披瀝したのは、誠にもって不思議とも面妖ともいうべき次第であった。 ...
  • あいても人間、しかも武士のはしくれ、こちらが誠意を披瀝ひれきして頼みこめば、わかってくれるだろうと、あいてを甘くみていたのが愚の骨頂だったということを、萩江はまもなく、骨のずいまで思いしらされた。 ...
  • 重臣会議のあと、木戸は鈴木に「陛下の御命令あらば御引受け相成たし」と誠意を披瀝して懇請した。 ...