記した古文書

12 の例文 (0.00 秒)
  • 承天寺には詳細で具体的に製麺法を記した古文書水磨の図が残っている。 ...
  • 孫の本庄国房を記した古文書から筑前国小中庄の地頭であった可能性がある。 ...
  • 逆に元禄大地震で両島が分離されたことを記した古文書は現在まで見つかっておらず、元禄大津波が原因で新島と式根島が分離されたと断定することはできない。 ...
  • 「荒れ野の所々に小屋を掛け、用水を引き、開作」と記した古文書が残っている。 ...
  • 後に「鶴松」と改名したと言うが、時期や経緯は厳密には不明で、鶴松の名で記した古文書は実名敬避の習慣もあって極めて少なく、当時は棄君や単に若君などと呼ばれていた。 ...
  • ベンフェルドの名が現れるのは、769年にストラスブール司教エディンが記した古文書においてで、ヴィッラ・ベンヴェルティンとしてであった。 ...
  • 狭義では悪魔や精霊、天使などを呼び出して、願い事を叶えさせる手順、そのために必要な魔法円やペンタクルやシジルのデザインが記された書物を指すが、魔術を行う側の立場から書かれた悪魔学書、魔術や呪術などに関する知識、奥義を記した古文書、書物全般のことを指す場合もある。 ...
  • 住吉大社司の解文の形で住吉大社の縁起・神宝・社領などを記した古文書で、天平3年7月の奥書を持つが、実際には平安時代前期以降の作とする説が有力視される。 ...
  • 日本では、古くは1823年に大和国山辺郡乙木村の大百姓山本喜三郎が記した古文書『山本家百姓一切有近道』に「一八ささげ」の記述があり、この頃には奈良盆地で広く栽培され、生活に根付いていたことが分かる。 ...
  • 神都長嶺記は寛政8年に伊勢神宮の宮掌大内人秦定賢が、当時の人々の生活や文化及び故事来歴等を記した古文書である。 ...
  • thumb|250px|『類聚雑要抄』巻第二にある東三条殿・寝殿の指図 類聚雑要抄は寝殿造の室礼と調度を記した古文書である。 ...