言霊使い

12 の例文 (0.00 秒)
  • 第二に、ぼくは言霊使ことだまつかいだから、あなたを支配できるってこと。 ...
  • そんなある日、言霊使いと名乗った少女が学園に転入してくる。 ...
  • 時砕ときくだきだけでなく、言霊ことだま使いにまでお目にかかれるとはな。 ...
  • その下で、希代きたい言霊使ことだまつかいの瞳が、ゆっくりと閉じられる。 ...
  • かつて『バラルの末裔まつえい』、または『言霊ことだま使い』と呼ばれた一族が有していたというその力は、早い話が口に出した言葉の一切いっさいがすべて現実のものとなってしまうというのろわれた能力である。 ...
  • 時載りと言霊使いの因果関係はそれだけなの?
  • 「それならば、私の名前を言ってみろ」 魔王まおうは、楽しげな口調くちょうで、言霊使ことだまつかいをうながす。 ...
  • この頃、中島梓が平井を「言霊使い」と評したのをきっかけに自身でも「言霊使い」を名乗るようになる。
  • 謎かけが多いシリーズの特徴を受け継いでいるが、プレートの下にはギリシャ文字が4文字書かれており、街区のすぐ外に居る言霊使いギーナの元でギリシャ文字を入力して代価を払うと、その仕掛けのヒントが貰える。 ...
  • 数少ない言霊使いの一族の誠は憧れと好奇心から、ある日 里を離れて外の世界へと飛び出したが、とある田舎町で行き倒れ、織部こころに助けられる。
  • この美青年、三神冷児は、希有けうの才能を持つ言霊使ことだまつかいだ。 ...