言霊

全て 名詞
640 の例文 (0.02 秒)
  • 今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。 ...
  • その土地にはやはり、その土地のみが持つ言霊ことだまというものがあるのだ。 ...
  • つまり、完結した意味をもつた文章でなければ、言霊はないことになる。 ...
  • もし言霊ことたまでも打出うちだつたら駕籠かごをパツとひらき、やりころすがうだ。 ...
  • ここに稚桜姫命わかざくらひめのみことはおほいにおどろき、ひそかに言霊姫ことたまひめにその手紙てがみしめされた。
  • どうでもいい事だが、言霊ことだまというのは本当にあるのかも知れない。 ...
  • みかるの友人であり、瞬間移動する能力や他人を言霊で操る能力を持つ。 ...
  • 即ち、聞得大君が霊力を使って降ろした言霊ことだまが現れたことに価値がある。 ...
  • 同じ名前だから同じ人だと思っているのはいわば「言霊ことだま」時代の信仰であろう。 ...
  • それの霊を、所謂言霊いはゆることだまをありありと見るやうにさへ思ふこともあつた。 ...
  • 言霊の幸ふと言つたのと殆ど、同じ時代に、色々の言葉が出てをります。 ...
  • 言霊とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。
  • 前の戦いでは『剣』の言霊ことだまを武器にして戦ったが、ここで同じ真似まねはできない。 ...
  • 響は大勢の学生に言霊を使うことでジャスナスを中止させる案を思い付く。 ...
  • この作品の最も特徴的な要素がこの言霊システムである。 ...
  • 言霊さきはっているから、文字や符牒がいらぬのだと云うのかも知れない。 ...
  • それは誰もが目に見ることのできる確かな「コトダマ」であった。 ...
  • 次へ