解題叢書

7 の例文 (0.00 秒)
  • さて、今、私の書室に一冊の『解題叢書』がある。 ...
  • 書店主に尋ねると、普通こうした書き入れは店頭に出す前に鉛筆のものは消してしまうのだそうであるが、幸いに先生の『解題叢書』はほとんどペンで書かれていたので消されずに残ったのである。 ...
  • 阿部先生は長沢さんとかねて懇意だったので、この本をたぶん借覧する機会を得て、自分の国書刊行会本『解題叢書』に転写したのであろう。 ...
  • これを一般に国書刊行会叢書といって、今日でも学界ではあまねく尊重されている優れた叢書であるが、『解題叢書』もその一冊に属する。 ...
  • それは、たぶん、それまで私が持っていた同書は、どこかで水をかぶったとおぼしい大きなシミがあって、表紙も醜くゆがんでいるあまりうれしくない本だったので、この一誠堂店頭の表紙の新しい『解題叢書』を見て、もし良かったら買おうか、と思ったのだったろう。 ...
  • だから、戦後国家主義イデオローグとしてでなく、ひたすら一学究として過ごされた先生が、この金鶏学院旧蔵の『解題叢書』を手にされたとき、なにがしの感慨がその胸中に去来したことであろうと推量される。 ...