親炙する

30 の例文 (0.02 秒)
  • その方から見れば先生に親炙しんしゃした人達が見ると、そういう乱暴な行為は不思議であると思うほどである。 ...
  • それよりも私は両氏が各その親炙したヨーロッパ文学の影響が、その表現に就いても働かざるを得なかつた結果だと思つて、その点に深い興味を感じてゐる。 ...
  • 吉田健一に深く親炙し、その著作の文庫解説・全集校訂などを担っている。 ...
  • 吾人は道庵先生に親炙しんしゃすること多年、まだ先生に糟糠そうこうの妻あることを知らない。 ...
  • それは讀者諸氏が余りに身邊に親炙してゐられるからである。 ...
  • 他にも尊いラマは沢山あるように承りましたけれども、とにかく私の親炙しんしゃして教えを受け殊に敬服したのはこの方であった。 ...
  • 小説のことでは伸子も間接に影響をうけている須田猶吉に親炙しんしゃして、婦人の作家に珍しく装ったところのない作風を認められていた。 ...
  • これは一つは、与八が道庵先生に親炙しんしゃしている機会に、見よう見まねに習得した賜物たまものと見なければなりません。 ...
  • そこで、臨床的な話をするならば、先人の作品に、更めて親炙すること唯一つである。 ...
  • 彼が親炙したのは、どちらかというと非正統的な哲学者であるウィルフリド・セラーズ、特にネルソン・グッドマンであった。 ...
  • 私は久しく田舍ばかりに居たものから、左程先生に親炙する機會もなく、從つて先生について多くのものを語ることもできない。 ...
  • 他にも尊いラーマは沢山あるようにうけたまわりましたけれども、とにかく私の親炙しんしゃして教えを受け、殊に敬服したのはこの方であった。 ...
  • 後ではまた慚愧ざんきするのだとも思はないでもないのだが、これが私の人に親炙しんしやしたい気持の満たし方であり又、かくすることによつて私は人になつき、人を多少とも解するのである。 ...
  • なにも寺の人は故意にしているわけではありませんけれど、世の常の人が偉人に親炙しんしゃしていると、ついれてその偉大を感じないといったように、これだけの山楽を傍に置きながら、山楽とも思わないで、心なき寺の人が、その床を物置に使っているではありませんか。 ...
  • そのためにこの文明の利器に親炙しんしゃする好機会をみすみす取り逃がしつつ、そんなこだわりなしにおもしろそうに聞いている田舎いなかの人たちをうらやまなければならなかった。 ...
  • 右翼の実力者である玄洋社の杉山茂丸に親炙し、志賀直方に兄事した。 ...
  • しかし堀辰雄があれほど芥川龍之介の文学に親炙し、最も近しい弟子として出発しながら、見事に芥川の影響を感じさせない文章を書いたといふその点に、私たちは敬服したと言ふことが出来る。 ...
  • 私が「埋字」のことなどを申し上げたのもこの古人の句に親炙しんしゃする、もっとも卑近な方法の一つを申し上げた次第なのであります。 ...
  • 予自身も、本多子爵に親炙しんしやして、明治初期の逸事瑣談いつじさだんを聞かせて貰ふやうになつてから、初めてこのドクトルの名を耳にする機会を得た。 ...
  • 内藤家の婿養子となった誉吉は、最初岳父の業を継いだが、学生時代から親炙しんしやした文学者がいて、影響を受けた。 ...
  • 年少より秘かに敬愛していた先生に昼夜親炙しんしゃすることを得たのは、僕の生涯の喜びであり、つぶさにその間、僕は先生を観察し、その言行を毎日微細にノートしてきた。 ...
  • 土芳は最も芭蕉に親炙しんしやし、芭蕉からも愛されていた。 ...
  • 東北帝国大学では阿部次郎に親炙し全集の編集に携わった。 ...
  • たゞ、ルナアルに親炙する僕として、武者小路氏のルナアル観には、一応註釈を附けて置きたい気持がする。 ...
  • ことに短冊へ書くのが大嫌いで、日夕親炙しんしゃしたものの求めにさえ短冊の揮毫は固く拒絶した。 ...
  • パリで少年時代を過ごしてエミール・ゾラに親炙し、カリフォルニア大学バークレー校を卒業、卒業時に『マクティーグ』の元となる原稿を教授に提出し絶賛される。
  • ディマジオの妻リリアンと懇ろになって、彼が書いたアレグザンター・バークマンに関する論文を読み、その思想信条に親炙したサックスは、ディマジオの思想を受け継ぐ形で自らの計画を実行する決意を固めた。 ...
  • 京の凡兆が、元禄三年入門するや、急速に芭蕉に親炙し、たちまち蕉門の中に頭角をあらわし、去来と並んで『猿蓑』の撰者となったのも、右に述べた事情と無関係ではあるまい。 ...