見解を披瀝

6 の例文 (0.00 秒)
  • 「地下室」と題されたこの章ではこの人物は自己紹介とともに自己の見解を披瀝ひれきし、何ゆえに我々の環境の中に彼のような人物が出現したか、また出現しなければならなかったかの原因を明らかにしようとしているようである。 ...
  • 会計及び会計学について独自の見解を披瀝し、最近は時価主義に対して鋭い批判を浴びせている。 ...
  • だが一つ大切な点は、このパンフレットが、現下の日本の社会事情百般を、唯一つ国防という見地をもって貫き、統一的な見解を披瀝しているということだ。 ...
  • 「ブルータス」という匿名で論文を出したロバート・イェーツはいわゆる反フェデラリスト第84篇の中でこの見解を披瀝し、そのような条項によって拘束されない政府は容易に専政に変わりうると主張した。 ...
  • そこで忠明はよろこんで、自己の感想、また見解を披瀝ひれきし、十兵衛三厳も家の流法の秘とする点まで打語って、相互ともに悟るところ多く、十兵衛の剣も、忠明の剣も、以来いよいよ精妙に入ることを得たということである。 ...