装丁家

全て 名詞
47 の例文 (0.00 秒)
  • イラストレーター、装丁家としてはかも よしひさ名義で活動していた。 ...
  • 本の装丁家の友永明之は、妻・友と幸せな結婚生活を送っていた。 ...
  • 次の日、装丁家に自叙伝を渡し、最終的な打ち合せをしたあと、夫に連絡を入れた。 ...
  • 完成した手書きの自叙伝を装丁家のところへ持って行くため、また二、三日上京しなければいけなくなった。 ...
  • とくに装丁家のサインまで真似していれば完全な贋作だ。 ...
  • ロゴデザインは装丁家・グラフィックデザイナーである平野甲賀である。 ...
  • 出版社との違いは、代理人は編プロや装丁家を紹介することはあっても、自ら雇ったり出版することはない。 ...
  • また装丁家が芸術家として自立していない古い時代の装丁でも、それを完全にコピーして、レプリカと名乗らず本物として売れば、こちらも偽物ということになる。 ...
  • つまり、初版初刷がどうだこうだとか、装丁家はだれでなければいけないなどとさんざんに蘊蓄うんちくを傾けていながら、紙と革という洋古書を構成する二大要素の由来についてあまり深く考えたことはなかったのである。 ...
  • 次男・生田敦夫は製本装丁家・古文化財、美術工芸品保存修復師・著述家。 ...
  • その後、個人名義でフリーの装丁家として活動。 ...
  • 山 六郎は、日本のイラストレーター、装丁家である。
  • 書籍は編集者/装丁デザイナーとの共同制作という考え方を持ち、装丁家鈴木成一、祖父江慎などと多くの作品を刊行している。 ...
  • さらに、イラストレーター、装丁家としても活動。 ...
  • 原題はEarthseaあるいはEarthsea Cycleであるが、日本では岩波書店に所属していた装丁家の田村義也によって「ゲド戦記」と名付けられた。 ...
  • 吉岡 実は、昭和後期の詩人、装丁家。 ...
  • 実家は製本工場で、製本師・装丁家の中村重義の三男。 ...
  • 次へ