袂を分かつこと

18 の例文 (0.00 秒)
  • 生きてゆくかぎり、サヨナラという出来事とたもとを分かつことはできない。 ...
  • しかし、意見の違いにより幼馴染の室井静信と袂を分かつことに・・・。 ...
  • このためフルトンと袂を分かつことになり、植村は明治学院を辞職する。 ...
  • これはマキノ省三が尾上松之助や旧劇と袂を分かつことでもあった。 ...
  • それゆえに、彼は終生、宗教もしくは宗教的なものに対して峻厳な拒否を示しつづけ、その結果カール・グスタフ・ユングをはじめ多くの弟子たちと袂を分かつことにもなる。 ...
  • 結局、フルタイムバンドでの活動を続けるため、トーメンターと袂を分かつことになったという。 ...
  • これによりアンジェイ・ワイダやクシシュトフ・ザヌーシと袂を分かつことになった。 ...
  • ウィグフォールの経歴を通じた政治的盟友の場合と同様に、戦争が進行するにつれてデイヴィスとは先ず支持し続いて袂を分かつことになった。 ...
  • その後、個人的な理由で、バンドはギタリストのFlashと袂を分かつことを決断した。 ...
  • どの時点でかは不明だが、本物のビッグ・ボスが単身で自身の元を離れていたこととその真意と計画をオセロットから知らされ、自分はビッグ・ボスに捨てられたと判断しビッグ・ボスと袂を分かつことを決意する。 ...
  • モリッシーはその判断を不満に思ってマネージャーやレーベルに不信感を抱き、両者と袂を分かつことになる。 ...
  • イギリス軍が首相の追放だけでは飽き足らず継続してイラクを占領したことにより、イラクが連合国の側に立って、枢軸国の一角を占めていた日本と袂を分かつことは時間の問題となった。 ...
  • しかし、クラブをめぐる経営方針の違いから、1971年には共同で独立した役員と袂を分かつことになった。 ...
  • しかし、クラルテ運動の漠然とした性質がフランス国内で対立をもたらした図式はそのまま日本でも同じ経緯を辿ることになり、より革命への明確な理論と道筋を主張する論者は小牧と袂を分かつことになる。 ...
  • 個人的経験の妥当性を主張したルヌヴィエは、意志作用をどう位置づけるかに関して、さらに重要な点でカントと袂を分かつことになった。 ...
  • 同じくデスティニープランに反対の立場を取ったLOTUSもデュランダルと袂を分かつことになり、唯一自身の下へ戻ってきたレイと共に戦うことになるが、敗北後メサイアの中にやってきたLOTUSのパイロット達との会話の末、彼らの覚悟を見、タリアに諭された結果、世界の行く末を彼らに任せて身を引く事を決意する。 ...
  • 終生の忠誠を誓うが、国家と国民のために有益であるか否かがオスカルの価値基準の根本であったため、民衆の苦しみを知ろうとしないアントワネットと袂を分かつことになる。 ...