袂を分かつ

164 の例文 (0.03 秒)
  • 生きてゆくかぎり、サヨナラという出来事とたもとを分かつことはできない。 ...
  • その機会を作ってくれた阿部社長とは不本意ながらたもとを分かつままになっていた。 ...
  • そして、大げさに言えば、たもとを分かつようにして退職していったのだ。 ...
  • 今は、何とか早くこの場を切り上げて、彼らとたもとを分かつのが得策だろう。 ...
  • しかし、意見の違いにより幼馴染の室井静信と袂を分かつことに・・・。 ...
  • 江戸へ戻った後は近藤らと意見衝突して袂を分かつ。 ...
  • この一件はディーンがやがてニクソンと決定的に袂を分かつ遠因となった。 ...
  • いずれたもとを分かつ日が訪れることは、一斗という人物を知った時からわかっていたことであった。 ...
  • このためフルトンと袂を分かつことになり、植村は明治学院を辞職する。 ...
  • 前述してあるようにこのことで二代目高木乗と袂を分かつた。 ...
  • オールダムとバンドは1967年後半に袂を分かつが、彼らの関係は緊張状態にあった。 ...
  • 被告人である雄次につれない態度を取られ続け、今また花木ともたもとを分かつ結果となった。 ...
  • 戸愚呂とは恋人未満な関係だったようだが大会後に戸愚呂が妖怪化したことで袂を分かつ。 ...
  • しかし彼女はその後もレヴィの暴力を受け続け、伴奏者であり友人であったは彼女と袂を分かつ。 ...
  • これはマキノ省三が尾上松之助や旧劇と袂を分かつことでもあった。 ...
  • ライブステージを主体に活動していたが、2014年にベヴァンとバートンが袂を分かつ形で活動を終了した。
  • この年ソ連の性格をめぐって向坂逸郎らと対立し袂を分かつ。 ...
  • こうして司馬保とは袂を分かつ事となったが、これ以降も頻繁に使者を司馬保の下へ派遣し、交流を絶やす事は無かったという。 ...
  • ただし、本人は「師匠とは芸風が合わん」というのが袂を分かつ理由としている。
  • ソ連と袂を分かつ一方で中華人民共和国に接近して各種援助を受けたものの、近隣諸国とはほぼ鎖国状態のままであり、経済状況は次第に悪化した。 ...
  • この一件は、ヘイデンとホンダが次のシーズンに袂を分かつだろうという噂に重みを与えた。 ...
  • 世界を揺るがしかねない27の真の紋章の力を手に入れた2人の道は、少しずつ、しかし確実に袂を分かつようになっていく。 ...
  • これがのちに麓が田中とたもとを分かつ一因となった。 ...
  • ソ連と袂を分かつ一方で中華人民共和国に接近して親中化し、経済援助と軍事支援を受けた。 ...
  • 大川周明と安岡正篤とは、別に行地社を組織したが、やがてまた袂を分かつ。 ...
  • フランスでもトロツキスト系の共産主義組織に参加したが、1948年に袂を分かつ。 ...
  • これにより人類の枠組みは単純かつ明確に、またこれまでで最も大きな範囲で二極化し、両者は最悪の形で袂を分かつ。 ...
  • 妙音は、人間と神の道は異なり、もともとそう長くいられるものではない、と言って玉を解き、袂を分かつ。 ...
  • 次のページ