衣鉢を継ぐ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 瞬は、いずれは、鏑木肆星氏の衣鉢を継ぐと目されている生徒である。 ...
  • オーストリア民俗学界は、今もシュミットの衣鉢を継ぐ傾向を見せている。
  • そんな利綱だったから、新免の衣鉢いはつを継ぐ多くの熟練した家臣共に余り目はかけなかった。 ...
  • 「衣鉢を継ぐ」という言葉はこれに由来している。 ...
  • 手塚治虫の衣鉢を継ぐSF漫画の第一人者であったが、熱心なSFの読者としても知られ、海外SF小説から作品のヒントを得ていたことも指摘されているし、本人も作中でよく紹介している。 ...
  • 田能村竹田『山中人饒舌』の中に名が見えず、米山人も文化4年に竹田に自分の衣鉢を継ぐ者は竹田以外にいないと語っている。 ...
  • 当初はドイツグラモフォンとの契約でラヴェルのオーケストラ曲集、ベルリオーズのオーケストラ曲集など、ミュンシュの衣鉢を継ぐフランス音楽の録音を続けた。 ...
  • 師である新藤、今井、吉村の衣鉢を継ぐ正統的な社会派映画作家であるが、時代の変化もあり師匠たちのような高い評価には恵まれなかった。 ...
  • ワーグナーやリストの直接の弟子から新ドイツ楽派の衣鉢を継ぐ者は、ロイプケやドレーゼケを除いてほとんど現れず、グスタフ・マーラーやリヒャルト・シュトラウス、フーゴー・ヴォルフらによって、楽派の最後の烽火が上げられた。 ...
  • しかし中世ヨーロッパの甲冑の衣鉢を継ぐ磨き上げられた胸甲や兜、金モールや肩章で飾り立てられた派手で美麗な軍服は、騎士道の伝統に由来した精神的美意識と密接に結びついていたため、各国の保守的な軍上層部は、泥や枯れ草の色をした軍服を身につけるなど軍人としての名誉を棄損するものであるとして強硬に反発した。 ...
  • 現代SF作家のうちで最も期待される女流作家のひとりアーシュラ・K・ル・グインは、児童向けを意識したとはいえ、『ゴーメンガスト』の衣鉢を継ぐ〈成長の儀式〉としてのファンタジーを書きあげた。 ...
  • 為に亡き富田蔵人のさすが衣鉢いはつを継ぐ兵法名人よと勇名を謳われたが、同じ真田口で奮戦、無類の活躍をした者に不破左兵衛と言って、これ亦、加賀家で一、二と称される武辺者があった。 ...
  • ジョルジュ・ド・ポルト・リシュは、精密な恋愛心理の解剖家として、ラシイヌの衣鉢を継ぐ名作家である。 ...
  • その後も、日本株式会社論の衣鉢を継ぐ評論・研究は続き、1980年代初頭にはチャルマーズ・ジョンソンが通商産業省主導の産業政策が、高度経済成長に果した役割を重要視する研究を打ち出し、注目を集めた。 ...
  • 私小説的文学の理論化をめざすとともに自身も創作を行い、評論では『小説の方法』「近代日本人の発想の諸形式」「近代日本における『愛』の虚偽」『日本文壇史』などがあり、『氾濫』『変容』『発掘』は、夏目漱石の衣鉢を継ぐ近代小説三部作である。 ...