衣鉢を継ぎ

14 の例文 (0.00 秒)
  • 福武直の衣鉢を継いで農村研究を行い、これを地域社会論へと広げ実証研究に成果をあげた。
  • 嵩山少林寺の僧白道老師は自らの衣鉢を継ぐものをたずねて中国全土を放浪していた。 ...
  • 沈氏との子である鄧伝密は父の衣鉢を継ぎ書に巧みであった。 ...
  • 古野の発言から判るように、栄光ある同盟の衣鉢を継ぐのは、共同通信社であった。 ...
  • 実在の神話では成功した冒険にテセウスが失敗したため、兄の衣鉢を継いでアルテウスが旅立つことになる。 ...
  • 山水画にも巧みで董其昌・王時敏らに師法し、花卉画は惲寿平の衣鉢を継ぎ秀逸である。 ...
  • 日本では戦後になって、谷川健一、宮田登らの民俗学者が、柳田の衣鉢を継いで女性の神秘な力を論じたことがあったが、本格化したのは1987年の佐伯順子『遊女の文化史』がエスター・ハーディングに依拠して遊女の聖性を論じてからである。 ...
  • 専攻は中世史と禅で、原勝郎の衣鉢を継いで中世公家文化を研究、『三条西実隆』のほか、歴史教科書を数多く書いている。 ...
  • 上京後は、浄土教、法華経、また浅野和三郎の心霊科学にも触れ、航空機開発の技術者として先端科学知識を培う傍ら、父母の衣鉢を継ぎ、生来の宗教的情操を育む青年時代を過ごした。 ...
  • 流祖の衣鉢を継ぐのは長子 島袋吉郎である。 ...
  • 正虎が明治19年に死ぬと、市蔵は悔い改めて父の衣鉢を継ぐことを決意し、正虎の門弟たちに芸を習い、翌々年に10世千五郎を襲名した。 ...
  • 桑原武夫の衣鉢を継ぎ、ルソー、プルードン、フランス革命を共同研究し、またフランス革命と明治維新の比較研究を行った。
  • thumb|left|200px|日本出版販売『新刊展望』12月15日号より 谷崎潤一郎の衣鉢を継ぎ、マゾヒズム、異常性愛などを主題とする。 ...