行脚

全て 名詞
875 の例文 (0.01 秒)
  • 誰が見ても、諸国行脚あんぎやの僧がこの寺を仮の宿にしているように見えた。 ...
  • 孤峯庵にいた時でも、寺をたずねてきた諸国行脚あんぎやの僧はいくたりもいた。 ...
  • 翌九年には北海道から九州まで、この運動のために遊説行脚している。 ...
  • ある晩のこと、山地を行脚しておるうちに、ある小さな村へ着いたのじゃ。 ...
  • 当時、一茶に限らず俳諧師が地方を行脚することはよく行われていた。 ...
  • そして定期的な房総方面への俳諧行脚はもうひとつの大きな目的があった。 ...
  • 芭蕉の供をして諸方を行脚し、翁最後の際にも側に侍し看護に当たった。 ...
  • 良寛 私は行脚あんぎゃしてもこのような目にあったのは初めてです。 ...
  • これは、僕が信子さんの顔写真を一枚手に持ち、全国を行脚あんぎやして得た町の声です。 ...
  • やがて全国行脚も企図するようになったが、脳溢血で倒れたため断念した。 ...
  • 先日は行脚僧あんぎやそうていでござったが、むろんただの雲水であるはずがない。
  • 今まで行脚あんぎゃのたびに打ち据えられていた庶民たちが、聞得大君の名を笑う。 ...
  • 行脚僧あんぎゃそうの手記などにも目を通しておくほうがいいだろうな。 ...
  • そこで、彼は髪を切って、回竜かいりょうという法名をうけ、行脚あんぎゃの僧となったのである。 ...
  • 天保九年になっても播隆は足を引きずりながら行脚をつづけていた。 ...
  • また同年より日本全国演奏行脚と称しギターと尺八による演奏活動を行っている。 ...
  • 気仙沼を支援してくれた人たちに感謝を伝えるため、全国行脚もおこなった。
  • 次へ