虎鹿毛

5 の例文 (0.00 秒)
  • 虎鹿毛は、激しい勢いで首を振って、小娘の手をはなそうとした。 ...
  • 腹白四蹄白はらじろしていじろ虎鹿毛とらかげの南部駒は、江戸に二頭とはない、わしが自慢の逸足であった。 ...
  • 虎鹿毛は、小癪な挑戦者に、威嚇の棹立ちをしてみせた。 ...
  • 虎鹿毛が、首を垂れて、すごすごと、ひきかえして来たさまは、小娘に呪文でもかけられたか、と疑いたくなるほどであった。 ...
  • 恰度ちょうどそこへ、虎鹿毛に蹴とばされて悶絶もんぜつしていたわが家の小者が、顔面蒼白になって、駆けつけて来たので、わしは、叱咤するかわりに、 「あの小娘を尾行して行き、素性を調べあげて参れ」 と、命じておいて、仙石家の幕の中へもどった。 ...