虎視眈々

全て 名詞
257 の例文 (0.01 秒)
  • 虎視眈々こしたんたん反撃はんげきの機会をねらっていたのか、エーブの手には、なたがあった。
  • そしてアメリカは、虎視眈々と日本が手を引いた中国への進出の機会を狙っていた。 ...
  • 更にその後も虎視眈々とローマを狙うもののレギッルス湖の戦いで敗北。 ...
  • 特に西のパラストは、以前から虎視眈々こしたんたんと領土を狙っているのである。 ...
  • そうでなくても、ここはたくさんの地上げ屋が虎視眈々こしたんたんねらっているのですよ。 ...
  • 怪しげな企みをしていて、俺の挙動を虎視眈々と伺っている連中なんだ!!
  • こうしている今も虎視眈々こしたんたんと、再度の機をうかがっているはずだ。 ...
  • その一瞬のアシュガンのすきを、虎視眈々こしたんたんと狙っている者がいた。 ...
  • しかし、心の底ではビッグに反旗を翻す機会を虎視眈々と窺っていた。 ...
  • 二〇〇一年、虎視眈々と狙っていたサッカー小説執筆のきっかけが、舞い込んだ。 ...
  • 仕事にかこつけてゴルフができるチャンスを見つけようと常に虎視眈々こしたんたん ...
  • 貴族にしろ平民にしろ、出世の機会を虎視眈々こしたんたんと狙ってるやつはどこにでもいるんです。 ...
  • 虎視眈々と世界の支配をねらっているだと!? ...
  • どちらも強力な王であり、デルフィニアの領土を虎視眈々と狙っている君主たちだ。 ...
  • リョザ神王国をとりまいている国々は、虎視眈々こしたんたんと攻め入るすきねらっている。 ...
  • 意を決し、艦砲射撃でGWを葬ろうと虎視眈々とそのときを狙っていたのだ。 ...
  • ピッチのどこにいても矢のような視線を浴び、奴は虎視眈々と雪辱の機会を窺っている。 ...
  • 次へ