蒐集癖

32 の例文 (0.00 秒)
  • 作家に関する蒐集癖が、学者的クラシフィケーションを受けたのなり。 ...
  • 震災以来しんさいいらい身体からだよわためもあったでしょうが蒐集癖しゅうしゅうへき大分薄だいぶうすらいだようです。 ...
  • それは彼の蒐集癖を満足するためであったろうか。 ...
  • 多少の蒐集癖を持っていた従兄はこの部屋の壁にも二三枚の油画あぶらえ水彩画すいさいがをかかげていた。 ...
  • されどこの旅行はわが日頃の蒐集しうしふ癖をみたさんが為のみにはあらず。 ...
  • 多少の蒐集癖しゆうしゆうへきを持っていた従兄はこの部屋の壁にも二、三枚の油画や水彩画をかかげていた。 ...
  • 蒐集癖があり物が捨てられないが、それらの一部は森近霖之助が引き取っている。 ...
  • だいたい、金を扱っていると、いつの間にか何かの蒐集癖しゆうしゆうへきが出て来るんです。 ...
  • もしかすると、こういうものの蒐集癖しゅうしゅうへきがおありかも知れないわ。
  • 普通、蒐集といえば、そういう他人の作品を集めることに限られているようだが、私は昔から自分に関する文献の蒐集癖をも持っている。 ...
  • あるいは蒐集癖・物欲・好奇心を動機にする人を指す。 ...
  • それは、ある種の特別な風景写真の蒐集癖だった。 ...
  • 素性の墨蹟は、例の蒐集癖からかねがね秀次自身、執心していたものである。 ...
  • 明治時代の銀貨や銅貨も少しあるが、多くは近頃のもので、まあ一種の蒐集癖であろう。 ...
  • しかし一つではかえって目につくから、蒐集癖しゆうしゆうへきだと見せかけて、手あたり次第に、男の首を並べてやれと、それで妻に首がりをやらせたというわけなのである。 ...
  • 後に胡蝶本と呼ばれているシリーズなんかは、著者の有名無名に関りなく読者の蒐集癖をこそぐった。 ...
  • ところで私には妙な蒐集癖しゅうしゅうへきがあって、昔から小遣いをすっかりレコードにほうりこんだんで一万枚以上もたまってしまってそのために倉庫を一つ建てねばならなくなった。 ...
  • 次へ