蒐集狂

30 の例文 (0.00 秒)
  • それで彼は、帽子蒐集狂とはドリスコルのことだとさとったにちがいありません。 ...
  • いわゆる蒐集狂で、それがために理非の分別ふんべつを失うようにもなるのであった。 ...
  • 帽子蒐集狂はふたたび活動を開始したのである。 ...
  • しかし、彼は文人としてというよりもむしろ風変わりな建築狂や蒐集狂として知られていた。 ...
  • しかも、その蒐集狂たるや、ほかならぬ被害者自身なのです。 ...
  • 「レッド・ウイドウ」はその筋の複雑さにおいて「帽子蒐集狂」に似ている。 ...
  • 蒐集しゆうしゆう狂というのは、精神分析の分野では、たぶんパラノイアの分類に入るのかもしれない。 ...
  • ただの蒐集狂の仕事とも思われん。 ...
  • 風の如く来たって、風の如く去り、あとにいささかの証跡も残さぬ、帽子蒐集狂とは悪魔か天使か。 ...
  • しかも、自分と同じ蒐集狂ばかりときている。 ...
  • しかし、この場合、蒐集狂にとっては、とるに足りないそれらの品物が何ものにも代えがたい価値をもつのだ。 ...
  • この訳書「帽子蒐集狂事件」は、カー名義の作品中、代表的と目されているもので、一九三三年に出版されている。 ...
  • 警視庁の推定では、マックガイア巡査が現場に現れる数分前まで、帽子蒐集狂はその付近を徘徊していたものと思われる。 ...
  • それを聞かされた人も相当の蒐集狂で、神社の絵馬を無断で引っぱずして来るくらいのことは随分やりかねない男であったので、普通の人ほどには驚きもしなかったが、それでも偽物をこしらえて掏り換えて来るほどの知恵はなかったらしく、今さらのように多左衛門の熱心を感嘆して帰った。
  • たとえば、他人のき古した杉下駄だとかスリッパだとか寝巻きの紐だとか灰皿の類を集めたとなると、蒐集狂の分類に入れられそうである。 ...
  • 帽子蒐集狂、またしても現る!
  • 万年筆狂も性質から云えば、多少実用に近い点で、以上と区別の出来ない事もないが、いて無くても済むものを五つも六つもそろえるのだから今げた種類の蒐集狂と大した変りのあるはずがない。 ...
  • 次へ