蒐集活動

14 の例文 (0.00 秒)
  • このことによって、日本における東K国の情報蒐集活動組織は壊滅状態に近い打撃を受けた。 ...
  • これらの情報蒐集活動は、戦争を予防するための第一の措置であると、彼らは固く信じていた。 ...
  • 不幸の蒐集活動と同じだ。 ...
  • 日本の核武装によって東K国は重大な脅威を受けることになるので、東K国の日本をめぐる情報蒐集活動は、その戦力を中心に飽くことなく執拗につづけられてきたのである。 ...
  • ふたりは奥州の百刑場で誠刀『銓』の蒐集活動をしているらしい奇策士とがめのもとへ向かっていたのだ。 ...
  • 一方で、このようなフィールドワーク的観点における蒐集活動ではなく、ある言語学者や民間研究者が他言語間の比較のなかで、単語の語調の類似に着目するなどの方法をもって語源を類推するものがあり、その推論方法や仮説の設定方法の安直さが、しばしば「語源俗解」だと批判されることがある。 ...
  • この蒐集活動は注目を浴びるようになり、新聞に取り上げられ、また蒐集物は博覧会、展覧会にたびたび出品されるようになった。 ...
  • マイアーはアウクスブルクの名士であり、蒐集活動のほかにも、他の市民を招いての豪勢な祝賀・歓迎パーティを行っていたが、彼の収入だけではその贅沢な生活を賄うことは不可能だったため、資金の一部を、1541年に監督を任された市の金庫から長年にわたって横領していた。 ...
  • ベルツは、親友のハインリヒ・フォン・シーボルトの影響を強く受け蒐集活動にも取り組む。
  • 保阪家は土地集積を近世までに終え、近代以後に所有土地面積はほとんど変化しなかったが、明治初期の地租改正を経て地主としての地位はより確固たるものとなり、近世を通じて集積・相続されてきた小作地からの収入が、近代の同家の人々の生活費や株式投資、寄付金、さらに潤治の美術品蒐集活動を支える資金となった。 ...
  • 戦後の東京のこけし蒐集活動は、美容家の名和好子、その夫の名和明行が中心になり、その夫妻の「カスミ会」と言うサロンでから、東京こけし友の会へと発展していった。 ...
  • GT書体とは、東京大学多国語処理研究会の「マルチメディア通信システムにおける多国語処理の研究プロジェクト」として行われている、漢字や国字の蒐集活動によって纏められた大規模文字セットの書体である。 ...
  • 潤治は蒐集活動において、東京帝国大学史料編纂所に勤めていた三上参次や辻善之助を顧問に迎え、同郷の竹越與三郎・萩野由之・布施秀治や吉田東伍など、国文学では松田武夫、仏教では南条文雄といった学者たちを別荘に招いて助言を聞き、推薦や賛成を得てから作品購入を決定した。 ...