荘重味

4 の例文 (0.00 秒)
  • 思いなしか前よりもいっそう荘重味を加えて響いた。 ...
  • だから末期の家持等になると、昔を憧れる心から、人麻呂の筆法をなぞつても、勿論古風な荘重味は、かけても見出されない。 ...
  • それが、より一層、講義に荘重味そうちようみを添えた。 ...
  • 春嶽が「しのぶや」に改めさせようとしたのは、藁葺きかと思つたのに、柿葺きであつたといふ素朴な失望もあつたらうし、又藁屋の名が典拠なげなやすつぽい感じのする上に、音覚も荘重味を欠いてゐる。 ...