荘重な足どり

4 の例文 (0.00 秒)
  • 「失礼いたす」 人形直しにやってきた九沓歓兵衛は、人形直しの道具を入れた箱をぶらさげて、まるで大名に使者にでもきたような荘重な足どりで、往来へ出ていった。 ...
  • 余はことさらに足音を立て、しかも荘重な足どりで寝室へ登って行き、広間の灯りを、踊り場にあるスイッチで消した。 ...
  • やがて、八丁の松明たいまつを先頭に、神楽岡の神官の一団が荘重な足どりで紫宸殿の前庭に入ってきた。 ...
  • 彼は戸棚をあけ、茶さじの数を勘定し、角砂糖ばさみの重さを調べ、銀の牛乳入れをこまかに点検して、それが純銀のものであることをたしかめ、こうした点についての彼の好奇心を満足させてから、三角帽をしゃにかぶり、荘重な足どりで、三回、テーブルのまわりを踊りまわった。 ...