荘重な調子

7 の例文 (0.00 秒)
  • 彼はこの家の家長なので、口をきくにも、いつも声を張り、荘重な調子で、ものを言った。 ...
  • その荘重な調子、深沈たる眼から、なんというすさまじい力が放射されていることであろう。 ...
  • 簡単ではあったが、重々しく荘重な調子の語り口で、武助の挨拶はみんなの心にしみるように響き渡った。 ...
  • 客と話しているうちに会話が崇高で荘重な調子を帯びてくると、互いに自分の椅子をだんだんと相手から遠くへずらしてゆき、ついには向かい合った隅の壁に双方ともゆきあたって、たいていの場合は空間が不足するはめになるのだった。 ...
  • 勝家ほどの者に最も荘重な調子で堂々と説かれては、いくらかしこくても、たちまちその気になるはずである。 ...
  • 旧友ニコライ・ルビンシテインへの追悼音楽であるため、全般的に悲痛で荘重な調子が支配的である。 ...