荘重な態度

16 の例文 (0.00 秒)
  • もし彼の鼻にそれが止まったら例の荘重な態度でぱっと打ち落すことだろう。 ...
  • 彼は暖炉の上にあったベリー公の胸像の方を向いて、変に荘重な態度で深く礼をした。 ...
  • しっかりと立っていられないのを感じながらも、彼は上手にとりつくろった荘重な態度をとろうとした。
  • 間もなく大公は、相手の純真でしかも荘重な態度に気押けおされてこの青年と論争する気などなくなってしまった。 ...
  • 荘重な態度で配下に当たるべきと考えている任世には肯定できなかったが、酒宴で泉州侍たちが見せた、七五三兵衛しめのひょうえに従うかのような振るまいを目にすれば看過できなかった。 ...
  • 彼は煖炉のうえにあったベリー公の胸像のほうをむいて、荘重な態度でうやうやしくお辞儀をした。 ...
  • 荘重な態度で不興げに、彼女のほお紅と真珠の首飾りにちらりと目をくれるレスタ卿。 ...
  • 公爵は、貴族院の議場の名物である、その荘重な態度を、いつもよりも、もつと荘重にして云つた。 ...
  • そしてすこぶる荘重な態度で云った。 ...
  • 知見において十分であり、仁徳をもって地位を守り得ても、荘重な態度で人民に臨まなければ、人民は敬服しない。 ...
  • 公爵は、貴族院の議場の名物である、その荘重な態度を、いつもよりも、もっと荘重にして云った。 ...
  • 伯爵は、こんな無礼講の席でも、日ごろの荘重な態度を崩さなかったが、それでも、こんなうまいたとえを言った。 ...
  • が、ラム・シンがまず私に気づくと、慌てて立ちあがって、きのうと同じ荘重な態度、上品な言葉づかいで私に挨拶あいさつした。 ...
  • ステパン・アルカジエヴィッチは、喜劇的に荘重な態度で妻とならんで立ち、聖像を手にとって、レーヴィンに、地面までぬかずくようにと命じてから、優しい皮肉な微笑をうかべて彼を祝福し、三度彼を接吻した。 ...
  • 下座には、先の尖った大きなかつらをかぶり、鬚を剃った顔を並べ、黒い服を着て、トマ・アルノトン大法官と記録係アンブロアとが、派手な絹と綾錦の緞子との間に、二人とも荘重な態度でかしこまっている。 ...