荘重な口調

13 の例文 (0.00 秒)
  • そして低い荘重な口調で感謝と告別の言葉を述べはじめた。 ...
  • マルダナクスは、ゾンガーの犯した罪の数々を荘重な口調で列挙した。 ...
  • ねまき姿で林の前に現われた梅津は用件を聞き終ると、いつもの荘重な口調でいった。 ...
  • 感動にふるえるのを抑えた低い声で、また死を目前に控えた人の荘重な口調で、アーサーはおもむろに答えた。
  • 彼女の体を執拗しつようむさぼっていた老醜の狒々ひひ爺とはまったく別人のように威厳に充ちた荘重な口調で世界の政治について語っていた。 ...
  • イヴァン・イグナーチイチが扉を開けて、荘重な口調で報告した。 ...
  • きのう新潟の砂丘で、私がひどくもったい振り、あれが佐渡だね、と早合点の指さしをして、生徒たちは、それがとんでも無い間違いだと知っていながら私が余りにも荘重な口調で盲断しているので、それを嘲笑ちょうしょうして否定するのが気の毒になり、そうですと答えてその場を取りつくろってくれたのかも知れない。 ...
  • そして全世界がいとも荘重な口調で「それだけだ」と告げているように思われ、果ては浜辺の日陽にす肉体のなかで、心までが、それだけだ、と語るようになる。 ...
  • 杉野さんは階段の下で、永い事すすり泣いていた様子で、それを書生の木島さんが哲学者ぶった荘重な口調で何かと慰めていたのは滑稽だった。 ...
  • 「当所にも、また、既知の全宇宙のいずこにも、かくのごとき儀式を取り行うに充分なる力を持てる者不在なるが故に」と、かれは荘重な口調でいった。 ...
  • 「これを、呑まれよ」 仕草に合わせたような、常の彼らしくない荘重な口調で五叟が告げた。 ...
  • ポールは、香気に染って、あの世に出掛けようとしてヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ、荘重な口調で述べられる、新しい罵倒に耳を傾けた。 ...